人気ブログランキング |

liuxue ---------> riben riji


今年もつれづれなるままに・・・
by liuxue
プロフィールを見る
画像一覧
更新通知を受け取る

<   2005年 07月 ( 18 )   > この月の画像一覧

Have come back to Chengdu!!

I have safely come back to Chengdu from Lhasa.
It was an extremely nice trip!!
However, our university network is down again, and I'm writing this in an internet cafe.

I saw the photos I took during the trip, and they made me think of my Tibetan friends and the friends I met in a cheap dorm in Lhasa.
I miss them all!!

The last 2 days, an American friend and I stayed in a cheap dorm named Daxidajie Hotel. I chose 20RMB dorm, and my friend chose 150RMB standard room. Our dorm is a big room with about 10 beds, female & male mixed, and each bed is placed very close. I don't care for that, and actually, the people staying in the room were so nice, and we became familiar very soon. They are from China, Taiwan, Korea and Japan.
We spoke Chinese, English, sometimes Japanese when we had dinner together.
It was so fun to be with them.

I should upload photos, but it doesn't seem to be able to do that here.
Will upload the photos when the condition allows.
by liuxue | 2005-07-30 20:31 | 旅行luxing

I'm in Zhangmu, Tibet

I haven't accessed the internet for a while as I had to move a cheaper room in the dorm before the day I leave for Lhasa.
In Lhasa, we went to the internet cafe, but the internet access is not good enough. Today, finally can access the internet using the Japanese proxy. (I had to change the internet setting to access this blog.)

In Lhasa, we stayed at my friend's relative's house for 3 nights, and we take 22 hour drive to Zhangmu, my friend's hometown.

Other people except me didn't have any mountain sickness, but I had a light mountain sickness. (compared with other Japanese people's stories)
The biggest problem for women is that there is few toilets during the drive. I envy man this time.

Anyway, after arriving Zhangmu, the stay is no more comfortable than ever in China. My friend's family are really nice to us, and the food they cook is very nice, the scenery is also splendid. I guess here can be one of the place near the heaven! (is it bit too exaggerate?)

Zhangmu is located very close to the border of Nepal, and we can see the bridge to Nepal. Therefore, their culture looks like the mixture of the Tibet and Nepalese, especially taking of the food.
Their relatives are so big that I cannot remember who is whose brother, sister, and etc. I really envy the large relatives like that.

When I come back to Chengdu, I will write more.
by liuxue | 2005-07-25 19:45 | 旅行luxing

豪華火鍋ナイト!

もう昨日の話になってしまったが、いつもお世話になってばかりいるご夫妻の、またご好意に甘えて、私たち留学生4人は皇城老妈にて豪華火鍋をご馳走になってしまった。
1人の就職祝いとみんながばらばらになる前に・・・と誘ってくださったのだ。

私たちが食べる火鍋は中国人の友達とだと10元前後、日本人の友達とだと30元前後だが、今回は値段は怖くて聞いていないが、建物の雰囲気、インテリアやテーブル小物、ステージでのいろんなショー、そしてなんといっても火鍋のスープと素材の美味しいこと!
さすがお二人がお勧めのところ、という感じだった。

スープ(白味は飲める)も美味、松茸など具も素晴らしい!
a0026611_2351745.jpg

自家製ビールもうまい!
a0026611_2348160.jpg

变脸(顔が一瞬で変わる)も見えた!
a0026611_23543433.jpg

タイちっくな踊りもあり。
a0026611_23561689.jpg

締めのフルーツにドラゴンフルーツまで。
a0026611_0133281.jpg


おいしく頂いた後、最後にお店のカードがほしい思って、何枚かのかわいいカード(挿絵がそれぞれ異なる)取っていると、一式セット(封筒入り)でくれた。
やっぱり高級店だけあって、小粋な感じ。私たちは大満足。
そしてご夫妻に深く感謝。(あまり表に出てなかったかもしれないが)

ここで終わらず、またご夫妻宅にお邪魔し、またいつものように奥様お手製の美味しいケーキを頂く。
今日はチーズケーキとアフタヌーンティー風ケーキの2種類も。
a0026611_0165178.jpg

本当に別腹は存在。ぺろりと頂く。
またまた話に華が咲き、時計を見たら午前2時。
深夜までお邪魔して申し訳ないです・・・木曜で、旦那様は金曜日出勤だから、奥様も朝早いのに・・・。
再度ご夫妻に深く感謝。
いつも「頂いて」ばっかりだけど、
いつかお二人か、また別の誰かに恩返しができますように。(“Pay It Forward”精神?)

今回は4人でタクシーで帰宅。うち2人は午前中にテストがあるのに、よく遊んだ、エライ!
それから2人は朝までテスト勉強をしたらしい・・・。お疲れ様!
by liuxue | 2005-07-15 23:20 | 話題huati

引越&チベット行き準備

テストは無事昨日終わり、夜は成都で一番美味しい&高級な火鍋屋さんに連れて行ってもらった。
その後、いつものごとく、ご夫妻のお宅でおしゃべりに華が咲き、午前2時に他の3人とともにタクシーで帰ってきた。(詳細は後ほど)

テスト勉強で、リズムが完全に狂って、今朝5時にやっと眠りにつき、午前11時に目覚めた。
そこから、ノルマのようにいろんなやることをこなす。

まず、奨学金を事務室に貰いに行く。2か月分まとめて支給してもらったので、ちょっとほくほく。
でもこれはチベット行きに使わせて頂くので、大事に使わないと。
もらったばかりのお金を、部屋代を払い、後は銀行に預けにいく。
チベット人の友達に家の近くに中国銀行がある、と聞いたので、持ち歩くより安全。

今は1人部屋だが、2人部屋に移れば無料で住めるので、明日は絶対に2人部屋に移るつもり。今荷物を必死にまとめてるけど、結構多いな・・・。本が多くて、重い。
その他いらないものを取捨選択、使えるものは誰にあげようかな・・・なんて考える。
そして、クリーニングに出していたコートを取りに行くついでに、高山病用の薬も入手。

その薬だが、どこにも「高山病に有効」と書いていない。薬局の店員に聞いても、「間違いない」、という。
比較的大きな薬局だし、うそは言わないだろう、と思って、部屋に戻って自分でネットで調べたら、ちゃんと薬の名前の一部である成分の红景天は「高山病にもっとも有効な成分」とあった。
良かった。。。これにお世話にならないことを祈るが・・・。

そして今、デジカメのXDカードに入っている写真を全部PCに写し、空っぽにして、チベットの景色に備える。同時に、ネット上のアルバムにアップロードして、友達にメールしょうと。
何気にやろうと思ってもこまめにできない性格。今回やってしまわねば。

やることたくさん・・・。不安と楽しみが錯綜している今日が終わろうとしている・・・
by liuxue | 2005-07-15 22:56 | 消息xiaoxi

あと1日頑張れば・・・

7つのテストのうち、残る一つになりました。
一番強敵の词汇(語彙)。それもほとんど1夜づけ。(夕方5時半すぎまで別のテスト)
特に今回の範囲が成語、慣用句がメインともあって、成語だけでも200はくだらなそう。
(ノートに書き出した時点で110は超えた)

テキストによると、ある大成語では18000個収録していて、そのうち3000個が比較的良く使われるものだ、と書いてあった。
お、多すぎ。3000個の漢字ならまだしも、4文字(基本は)の組み合わせが3000個!

200、300どころでひいひい言っている場合ではないですね、ハイ。

徹夜でもしたいところだけど、ここ最近たっぷり寝る生活を送っているため、この辺で、休憩いれて、明朝の試験に挑もう。(朝まで起きなかったらどうしよ・・・その場合即試験放棄!?)

夜はいつもお世話になっている駐在員さんご夫妻+日本人留学生4人で「豪華」火鍋に!
by liuxue | 2005-07-14 00:11 | 語言yuyan

やればできる

結局昨日の作文、今朝全く新しく書き直した。
午後は古典のテストだったが、作文は午前中の1時間か1時間半ぐらいで書けた。
やればできる。

同じ友達に見てもらったら、今度のほうがテーマに即しているといわれて、ほっと一息。
意味の分からない、分かりにくいところを教えて、といったら、しるしを付けてくれたので、
後で自分で直そう。

足も、友達にもらった薬が効いたのか、昨日よりだいぶまし。

あと2日頑張れば、夏休みが来る!!
by liuxue | 2005-07-13 00:35 | 語言yuyan

祸不单行。(災いは重なる)

今日やっと書き上げた作文を、親しい友人兼先生に、
「期末テストの作文だから、訂正しなくていいから、意味が通じるかどうか教えて」と作文を添付して、メールを送ったら、さっき電話が来て、
「テーマからずれている・・・」と一言。

「行ったことのある場所について」という漠然としたテーマで、私はタイの孤島について書いたが、途中からスキューバダイビングと海の話になっているから、「場所」から「活動」にずれているんじゃないの?と。
でも土地の説明だけで800字から1000字はきつい。(あ、食べ物とか入れればいいのか・・・と思ったけど、そんなにバラエティに富んだ話が思いつかない。)

言われて、私もそうかも、と思ったけど、
何せ他の科目の勉強で時間も押していて、やっと書き終えた・・・と思ったところのこの一言は
大きなダメージ。
もちろん、彼女は私を思ってこそ言ってくれたんだろうけど、有難うと思う以上に動揺。

今明後日のテスト勉強(明日も古典があるが)をしていたが、へこんでやる気がしなくなってしまった。

とりあえず、ここに書くことで気持ちを晴らして、眠って気を取り直すしかない。

PS:今朝、浴室でつるっとすべって、左足に青あざが・・・。5月に捻挫した右足もまた痛めた。
心も足もイタイ・・・。
by liuxue | 2005-07-12 00:42 | 語言yuyan

くだらない単語(?)

今週木曜までテストなので、しばらく楽しい話題はないけど、
昨日、今日出会った単語を2つ紹介。

1)(丑)流氓  (chou3)liúmán
ごろつきという意味もあるけど、痴漢!って叫ぶときに使うらしい。
*中国人が書いた本にあったから間違いないと思う。

2)蛙鞋 wāxié
スキューバダイビングなどで使う「足ひれ」
*必死にfin、フィン、足ひれ・・・など辞典で引くも、見つからず、結局中国語のスキューバダイビングのサイトで発見。
by liuxue | 2005-07-11 20:27 | 消息xiaoxi

中国語⇔英語の必要性

パソコンのキーボードの調子が悪く、sが打てない。
(一日中sが勝手に連打される不可解な現象がここ3ヶ月以上続いている)
今はPCのアクセサリにある、スクリーンキーボードというものを使って、sのときだけ、マウスでクリックして入力している。日本に帰ったら、一度WINDOWSの再インストールが必要そうだ。
-------

ところで、今日久々にマックで古典の勉強をしていると、中国人のおばさんに、「この英語がわからないんだけど、意味を教えて。」と話しかけられる。
たぶん中国人大学生と間違えられたようで、意味を答えたら、引き続き、「あそこにいる外国人のおじさんと話をしているんだけど、私たちはさっぱり英語がわからないから、通訳してくれない?」と。
「今テスト勉強してるんで・・・」と答えるも、
「ちょっとくらいいいでしょ?」と強引に連れて行かれた。

その白人のおじさんはカナダ人。四川大学で見たことがある、と思ったら、やっぱり四川大学で教えている先生だった。
おばさんたちに、「私も四川大学の留学生だ」というと、驚かれた。
「じゃ、何人なの?」「日本人だ。」といったら、また驚いていた。
カナダ人のおじさんと四川人のおばさん2人の間の、通訳が始まる。

このおじさんは、どうやらこのおばさん2人に急に話しかけられて、困惑していた模様。
おばさんのうち1人は、ご近所同士らしくて、挨拶する程度の仲だというのだが、カナダ人のおじさんいわく、「英語もできないし、旦那もいるのに、何で話しかけてくるんだ?」と。
一応言ったまま訳さないと、と思い、おばさんたちにいうと、「友達になりたいだけ、何も他の意味はない」と。
それをカナダ人のおじさんに伝えても、納得がいかないみたい。
そして、2人から中国語の名刺を渡されたらしく、「英語もできないのに、何で名刺を渡すんだ?メールも電話もできないのに、意味がない。それに、私に中国語の名刺くれ、というのに、どうして私に英語の名刺をくれないんだ、(不平等だ)」と。

おじさんは中国人の女性に痛い目にあったことがあるのかもしれない。なにもそこまでも拒絶しなくてもいいのに、と思うほど。
あえて訳さなかったけど、「彼女たちはあれこれピーチクパーチク言って、ニワトリみたいだ。」と。(おじさん、なんだかかなり冷たげ、カナダ人の元同僚Steveを思い起こさせる。)
おばさんたちもこの発言が気になったのか、私が訳を飛ばすと、「さっき、私たちにこうやって指を刺していたとき、なんて言ってたの?」といわれ、困ったが、適当に挨拶の話でごまかした。

それにしても、中国語⇔英語の翻訳・通訳はあまり経験したことがないから、なかなか頭が切り替わらない。
最後、おばさんたちが去った後、安心した私は、カナダ人のおじさんに思わず、「好、再見!」と言ってしまった。
ま、それぐらいは分かってもらわないと。
-------

昼間、アメリカ人学生と日本人学生と3人でご飯を食べたときも、譲歩[让步]をどう英語にするのが適切か悩んだ。

[让步]
concession ;gave ground ;gave way ;give ground ;give way ;given ground ;given in ;given way ;gives ground ;gives way ;lose ground ;loses ground ;lost ground

互いに譲歩する
make mutual concessions // meet each other halfway
~に譲歩する
make concession to

結論、中国語⇔英語、訓練する必要あり。
by liuxue | 2005-07-11 00:22 | 語言yuyan

テスト勉強する気なし

さっきから词汇(語彙)のテスト勉強を兼ねて、中国語ブログに成語を調べて書いていた(貼っていた)けど、多すぎる・・・。まだこれはテキスト1ページに過ぎない。圧倒される。
先週のテスト3つは準備が要らなかったけど、あと4つはボリューム満点。

火曜日:古典 中国語ブログにて復習中(まだテキスト1ページちょっと分にしかすぎない)
水曜:総合(課の復習と魯迅の作品の特徴について記述)+作文の課題提出日
木曜:词汇(語彙)

楽しんで勉強しようと、いろいろ試行錯誤中。でも今はもうおなか一杯。
つらい、つらい。
誰かここから助け出してくださいーーー。
(テスト受けなければいいだけなのだが、そこは逃げられない性格)
by liuxue | 2005-07-09 15:04 | 語言yuyan
Links
カテゴリ
フォロー中のブログ
以前の記事
ライフログ
検索
その他のジャンル
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧