人気ブログランキング |

liuxue ---------> riben riji


今年もつれづれなるままに・・・
by liuxue
プロフィールを見る
画像一覧
更新通知を受け取る

<   2005年 02月 ( 25 )   > この月の画像一覧

縁分

昨日先日の同窓会で知り合ったある会社の中国総代表の方が、私ともう一人
建築士の女の人を上海雑技団に連れて行ってくださった。

ポートマンで待ち合わせだったので、少し早めに行くと、既に建築士の女の人が
待っていた。その方とまともに話すのは初めてで、ふと年齢の話になったときに
7*年*月という風に言われて、「私と同じ!何日生まれですか?」と聞くと、
同じ24日生まれ。同じ生年月日に生まれた人だった。
おまけに血液型まで同じ。まさにすごい偶然。
お互い驚きの声を上げているところ、総代表の方がいらっしゃったので、
テンションを元に戻して、食事に行った。

ポートマンの中の中華レストランで、かなり高級そうなところ。恐縮・・・。
初めてナマコを頂く・・・見た目はちょっとグロイが、思ったほど癖が無かった。
フカヒレも頂き、幸せなひと時を過ごした。

時間になったので、雑技を見に行く。
ここは日本かと思うほど、日本人だらけ。トイレに行くと日本語が飛び交う。
実際のショーでも、ステージに観客を上がらせるときに日本人だったので、
日本語を交えていた。
7,8年前に雑技は見たことがあったが、そのときに比べたらかなり現代的。
自分ひとりではなかなか来ないので、お二人と来れたのは、かなり貴重な体験。

もう少し書きたいけど、友達が待っているので、また今度書きます・・・
by liuxue | 2005-02-26 18:49 | 発現faxian

日本人だらけ

ここ上海大学の延長路キャンパスは、日本人留学生がものすごく多い。
たぶん地下鉄1号線も開通して便利なうえ、寮も綺麗だから、
人気があるのかもしれない。
よって、寮の中の売店のおじさんまで簡単な日本語の単語を覚えている。

授業の終わる12時ごろに、キャンパス内の食堂に食べに行こうとすると、
寮の1階は日本人らしい人がいっぱい。
隣の部屋の、半年留学している日本人の男の子は、あえて日本人との交流を
少なくしているようで、日本人の友達は数人程度だそうで、中国人の友達と
よく会っているそう。
彼は初級クラスにいると言っていたが、私の知る成都を含む初級クラスの人の中
ではかなり話せる。

上海の生活はかなり快適ゆえに留学生、特に日本人と韓国人が
集まりやすいのだろう。
by liuxue | 2005-02-24 13:37 | 話題huati

同窓会

といっても、同じ学年だけではない、同じ大学の代々の卒業生の会。
上海で毎月1回集まりが開かれていて、普段は10人から20人程度のよう。
昨日も15人か20人くらい集まっていたような気がする。

久しぶりに社会人コミュニティに行くと、日本語を話すにも若干緊張。
年代は23歳から60歳前ぐらいまでと幅広く、年長の方は中国総代表とか
偉い方々も多いけど、ざっくばらんにお話ししてくださった。

上海にいると人脈とかも作りやすいし、いろんな刺激も受けられて
一段と上海でもっと生活してみたいなという気持ちが増す。
でも現実問題、働いていれば問題ないけど、学生はちょっと生活が厳しいかも。
日本の生活を考えれば、ずっと楽なんだけど、成都の生活を経験すると、
上海の高消費生活は厳しかったりする・・・。

でも昨日の先輩たちがバイトを紹介してくださるかもしれない(と冗談っぽくおっしゃってくださっていた)ので、それならやっていけるかも・・・。
上海に来たら、是非また参加したいと思う。
by liuxue | 2005-02-23 13:52 | 話題huati

上海人は早口?

最近警察官の友達と2日に1回ペースで会っているが、彼は私の知っている
中で最も早口で、かつ私に要求する中国語のレベルも最も高い。
(先生にも上海人は関西人同様早口だと聞かされた。)
もちろん私は彼が親しくしている唯一の外国人、日本人だからだと思うが、
歴史上の話や、唐詩や宋詩など知らないとちょっと馬鹿にされる。
中国語を勉強しているのに、ろくにこんなことも知らないのか・・・と。
かつ、まだ私の中国語はかなり劣っていて、学校で勉強していることは
挨拶とか簡単な中国語だと言われて、ちょっとかちんとくる。
確かに上海大学のテキストを見られたら、そう思われてもいたしかたないが。
高級の口語のテキストを見ても、きっと彼らからするととても簡単な内容
なのだろう。
「どうせ私は外国人なんだから大目に見てよ・・・」と言いたいところだけど、
こういう人と接するのも大事かもしれない。
大体日本語学科の中国人や先生はほめてくれるので、そこで満足していては
中国人に近づけないのだろう。
口は悪いけど、この2週間ほどの滞在の間に、私の中国語を向上させようと
してくれていて、「今週の夜は全部基本的に開いているから、(私の)
スケジュールを教えて」と無料家庭教師を買って出てくれている。

あと、地名とか私は上海に住んでいるわけではないので、かなり弱いので、
地名とお店、そのほかの単語との境がよく分からないことが多い。
昨日も豫園に行ったが、私が周りを見て「ここって豫園の近くでしょ?」
というと、「さっきこの辺りに行くって言ったじゃない?」といわれ、
「でも豫園とは言わなかったよ」というと、近くの大きな卸売りの商店の名前を
私に事前に告げたようだった。

「ちゃんと僕の言っていること聞き取れてないなら、逐一言って」と
再三言われる。でも質問するにも、怒涛のように話すので、私は話が
ひとまとまり終わったら聞こうとするのに、その前に途中で「分かってないでしょう?
分かっていたら内容を言ってみて」と不意打ちされる。

彼は上海交通大学の成人教育を受けているようで、週に3回ほど学校に
通って法律を勉強しているらしい。そういう意味では、私も上海で勉強したら
彼に法律のことを説明してもらえるから、四川で勉強するよりもいいのかもしれない。

四川にいると学生しか回りにいないので、実践的な知識はなかなか得られないけど、
上海では社会人と接する機会があるので、中国語の勉強が一通り終わったら
上海に留学する方がいいかもしれない。
by liuxue | 2005-02-21 11:45 | 話題huati

昨日は日本人と蘇州、今日は上海人と豫園等へ

昨日は上海の旅行会社で38元(交通費+ガイド代+車代)を予約して、
蘇州(庭園めぐりがメイン)に行った。
もともと1人で行こうと思っていたが、他にも行きたい日本人学生たちが
いたので、旅行会社に頼んで6人で行った。
もう一人中国語が少し話せる大学生以外は、聞くのは少し聞けるけど、
ほとんど話ができない人ばかりで、どうなるかと思ったけど、
ガイドさんもはっきり話してくれていたので、聞き取って、集合時間や
説明の一部分の頭に残って訳せる部分だけ、訳して説明した。
朝6時寮を出発、夜7時すぎに帰宅で、くたくただったけど、1日で7箇所
回れて、内容は合格点というところ。ただすごく寒かった・・・。

朝早く起きて、かつ疲れたので、昨日は夜9時に寝た。

今日は上海人の警官の友達と遊んだ。
昼御飯を食べて、花市に行き、夜は(親戚の)お兄さんの家に
串焼き肉を食べに行くという予定と聞かされていた。
昼ごろ待ち合わせして、先に行くのかと思えば、豫園の近くの
日用品など雑多なものが売っているお店に行き、串焼きの串を買いに行く。
ついでに豫園の飾りつけなどを写真を撮りながら、小吃を食べた。
次に陕西南路の"吴苏なんとか"という麺料理屋さんに行き、
またバスに乗り花市へ。
よく上海在住者の方がブログに書いているところなのかな・・・と思いつつ
見て歩いた。
警官の彼は花に対してかなり厳しくて、「この花はきれい、この花は
だめだ」といろいろコメントしていた。
そのあと、お兄さんのおうちにワインと木炭を持っていくために、
スーパーに立ち寄り、お兄さんのお宅にお邪魔する。
普通の中国人のアパートで、土間のような床。
1階だから階段を上らなくていい。
(中国では7階建てまでエレベーターがないところが多い。)
まずは串にお肉を刺して下ごしらえをし、バーベキューセットで
焼いて頂く。こうやって部屋の中で串焼きを食べるのは初めて。
また一味違っておいしかった。
そのあとちゃんと夕飯も準備してくれていて、家庭料理も頂く。
初めてお邪魔したけど、本当に温かい人柄で、帰りがけにも
「何か困ったらいつでも連絡してちょうだい」と言ってくれた。
お兄さんの子供のlulu8歳も可愛くて、すぐになついてくれたし、
この警官の家族、親戚にはいつも良くしてもらっている。
(去年のこの時期も彼の親戚の家にお邪魔していた)

この週末はなかなか充実の2日間だった。
by liuxue | 2005-02-20 22:20 | 話題huati

寮生活はやっぱり面白い!

ここ上海大学の延長校区は日本人留学生が多く、8割ぐらいを占めることもある
そうだ。
寮の部屋は四川大学と比べ物にならないほど良く、日本人好みかもしれない。
ただ各階(1台もしくは2台)の洗濯機が現在軒並み壊れていて、現在2階に
住んでいるにもかかわらず、5階の洗濯機まで洗濯しに行った。
コンピューターも3台、スピードはとても遅いが、自由に使えるようになっている。

昨夜日本人の短期班の人が、北京のホテルを予約するのをPCを使って
手伝っていたところ、
深夜11時半頃、急に白人の留学生に、
「これから***号室で小さなパーティをするけど、
興味があったら来ない?」と流暢な中国語で言われた。
「面白そう!」と思った私ともう一人の日本人と、彼らの部屋に行ってみた。
もう一人の日本人は中国語はまだほとんど話せないが、英語が話せるので
なんとか交流できる。
部屋に行くと、彼と黒人の人が2人、もう一人日本人の男の子がいた。
白人の彼は、なんとアゼルバイジャン人!初めて知り合いになった。
黒人の人は、ジンバブエともう一人は忘れてしまったがやはりアフリカだった。
後で加わったもう一人の黒人は、ルワンダ!
なんと国際的な集まりなんだろう。
そもそも部屋にお邪魔したのが深夜12時、彼らと楽しくお喋りしていたら、
深夜1時半に。翌日授業に寝坊するといけないので、先に引き上げてきた。

彼らは本科生で既に3年から4年上海に住んでいるので、中国語の口語は
かなり流暢。ともにコンピューターや通信など理系分野を学んでいる。
私も来学期は本科を聴講しようと思っているので、より多くの対外漢語以外の
本科生と友達になって、いい刺激を受けたいと思う。
ここ上海大学にいる間は、日本人以外の留学生とより多く交流を深めたい。
by liuxue | 2005-02-17 11:38 | 話題huati

やっぱり・・・

中国語のクラスを変更してもらいました、プライベートレッスンに。
でないと、お金を払ってまで初級の内容を勉強して、
ちょっともったいないかなと思ったので。

上海には1年前旅行に来たときに知り合った警察官の友達がいる。
彼とも時間があるときにおしゃべりしようということになり、
プライベートレッスンは絶対必要というわけではないのだけど、
こっちの先生の雰囲気を見たいのと、警察官の友達も休みの時間が
そうあるわけではないので、ペースメーカーと発音や文法の間違いを
指摘してもらうために、今日初授業を受けてきた。

四川で知らず知らずに発音が微妙になまっているようだ・・・。
先生にも南方訛りがちょっとあるといわれた。この前西安人の先生には
zh, ch, shの音は問題ないといわれたが、この先生には私の発音は
zi, ci, siに近いと言われた。
それと、最近警官の友達にも「早口だ」といわれ、早口ゆえに考えたりする
ときに間があいたり、たまに発音がはっきり聞こえないそうなので、
語彙がまだやや不足ぎみで、ゆっくり話す中国系ドイツ人の友達より口語が
劣っているといわれた。結構これはショックだった。
彼女は広東語が流暢に話せるから、普通語の語気も比較的自然に
つかめるのはわかるけど、負けず嫌いの私としてはちょっとくやしかった。
これからなるべくゆっくり発音を注意して話すようにしよう・・・。

ただ、最近日本人に思われなくなりつつあるよう・・・。
昨日も短期班の日本人の人と一緒に買い物に行って、買い物の手伝いを
すると、中国人の通訳の人と間違えられた。
これは発音で間違えられたのか、外見、しぐさで間違えられたのか・・・。
ま、いずれでもよしとしよう。
(先生には南方訛りがあるから中国の南方の人に間違えられた
んじゃないかといわれた)
by liuxue | 2005-02-17 11:24 | 語言yuyan

今日から短期漢語班がスタート

日本語がやっと打てる環境になった。
相変わらず私のPCは部屋からうまく接続できないままだが、
1階に無料で使えるPCが3台あり、タイミングを見計らえば使うことができる。

今日から上海大学の短期漢語班に参加。
昨日寮に入ったのだが、この前2日泊めてもらっていたドイツ人の人が
この寮のほうが安いし、留学生と知り合えるということで、
「留学生事務所の先生に聞いて」というので、聞くと、
「今は冬休みだから空室があれば割高だけど、いいよ」といってくれた。
ということで彼女も引っ越してきた。

彼女はこのまま住み続けたいようなのだが、3月に新学期が始まると
また新しい学生が大量に入ってきて寮の空き状況がかなり厳しくなるので、
外部の学生には部屋を貸すのは難しい(ほぼ無理だ)、
そのとき偶然空きがあればという風に先生には言われた。
確かに四川大学も新学期開始時は寮がかなり満杯になる。
でも彼女は是が非でもここに3月半ば3週間ほど住み続けたいみたいで、
私をはじめ、昨日私にほかの留学生を探させて知り合いになった日本人にも
またごり押しをお願いしようとしているようだ。
あまり知り合いになったばかりの人に無理を言わなければいいが、そこは
中国系ドイツ人、かなり強引にお願いしそうだ。
明日その日本人留学生に、「無理なときは断ってください」と言っておかねば。
空きが無ければごり押しも難しいとは思うけど。
ドイツ人の彼女は明日から3月14日まで台湾と香港に旅行に行くため、
大きな荷物をその彼にすでに預かってもらっている。
(私は3月1日頃には成都に戻るので預かりきれない・・・)

授業だが、今日本来午前中テストのはずが、寝坊して10時に起きてしまった。
なんということだ・・・。ここ2日ドイツ人の友達のところで朝4時ぐらいまで彼女
としゃべっていたら、早起きできなくなっていた。もちろんこれは自分のせい。
急いでテストが行われるであろうところに行くと、もう分班は終わっていたようで、
先生と少しお喋りすると、あなたはこっちにいきなさい、と指示されたほうに
行った。
ふたを開けると、もともと2つの班しかない。
それも全員日本人!!!
1つ目の班はピンインから、私たちの班は初級・・・というテキストだった。
しばらくして、自己紹介をすると、先生に「このクラスは貴方には簡単すぎるけど、
どうする?ほかにも同じレベルの人がいればほかのクラスを開講するけど、1人だけ
だからね・・・」と言われ、確かにそうだけど、ほかに方法がなさそう・・・。
ほかにも上海で半年勉強している人が2人いたけど、まだ初級か中級ぐらいの
ようだった。
教科書を見ると、確かにとても簡単だが、1、2つ知らない成語とか単語もあるし、
基本が欠落して勉強してきたから、また基本に戻るのもいいかな、と自分では
思っている。
その分発音に気をつけるとか違う目的で授業を受けよう!
先生には「あなたはこういう班にでないで、もっと中国人と話して中国語を実践で
学ぶ方がいいと思うよ。来期は普通の本科生の授業とか聴講した方がいい」
と言われ、もともとそのつもりだが、やっぱりそうなんだ・・・と思った。

明日は寝坊しないようにしなきゃ。
by liuxue | 2005-02-15 02:14 | 語言yuyan

English Night in Shanghai

3 days have passed since I came to Shanghai. I stayed at a German friend's room in a hotel, and just moved to a dormitory. Her room is a double bed room, so we slept in the same bed for 2 nights!(of course, nothing happened!hahaha)

She was an intern for a construction company, but according to her, her job was boring, she was fed up with it and quit it. As she was an intern, there is no salary, so she had to pay all the cost including the room charge. If I were her, it wouldn't be acceptable.

Since most of the people are still on Chinese New Year holidays, we have nothing interesting, and read English free papers, and found a English Speaking Circle which will be held at a cafe every Saturday. We went to the cafe, but nobody was there. We asked the waitress, but they said there was no gathering today. We were disappointed, and were about to leave there. At the same time, two foreigners came to the same place, and asked the same question to the waitress.
After that, they spoked to us, and asked us, "why don't we hold our English gathering?", and we said, "OK!"

They are Italian, and one is a teacher teaching Italian and German, and another works for a hotel in Italy. We spoked English almost a half day.
We went to a Shanghai Book Store near the People's Square, and went to his friend's office to wait for other friends. In the end, 8 people including us went out for dinner. It is so strange to get to know European people like that in Shanghai. Other people are from German
(one from east part, the formar East Germany, another from Koln), Bulgaria. There was a Chinese guy from Zhongqing.
We enjoyed dinner, and said good-bye to them.
The Italian guy working at a hotel told me that he will give me a free stay when I go to his city in the future. Wow!! How nice!!
I have to visit Italy in a few years before he forgets the promise!
by liuxue | 2005-02-13 23:40 | 旅行luxing

Even without saying, you know...

I'm going to Shanghai tomorrow morning, so I reflected my feeling to the "skin" (the background design of this blog).
by liuxue | 2005-02-10 14:49 | 消息xiaoxi
Links
カテゴリ
フォロー中のブログ
以前の記事
ライフログ
検索
その他のジャンル
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧