人気ブログランキング |

liuxue ---------> riben riji


今年もつれづれなるままに・・・
by liuxue
プロフィールを見る
画像一覧
更新通知を受け取る

<   2004年 12月 ( 31 )   > この月の画像一覧

上海に行ってきます!

明日朝の便で上海に行ってきます。
いよいよです。
(今晩火鍋を食べたので、明日お腹を下さないことだけを祈ってます)

上海は成都より寒いみたいで、2、3度みたいだから、着込んでいかなきゃ。
最初の2日はホテルで、後の3日は友達の家に泊めてもらうことに。

明日は大学卒業以来一度も会っていない友達と、友達伝いに連絡を取り、
上海を案内してもらうことに。
2年ほど前ボストンに旅行(1日は仕事ぽかったけど)に行ったとき、
同じキャンパスの卒業生であり、MIT(マサチューセッツ工科大学)の大学院卒業生
の人と、やはり友達伝いに連絡を取って会った。
それ以外にも、ニューヨーク、LAでも友達の友達という感じで知らない人にも
お会いして、お食事をご一緒させていただいたこともある。
馴れない土地で、知っている人や知っている人の友達に会うのは
また格別に嬉しい。ほっとすると同時にとても新鮮。
みんなそんなに親しくない間柄のはずなのに、不思議と距離が近くなる。

後半の友達も元同僚と上海人の旦那様で、彼ら2人はオーストラリア留学中
に出会って結婚したから、2人は英語で会話をするのだが、私は旦那様と
ほとんど中国語でしか話したことがない気がする。
でも元同僚は中国語はあまりわからないと思うから、英語で会話することに
なるだろう。あぁー、ずっと話してないし、最近思考回路がすっかり日本語と
中国語に染まっているから、英語が出てくるかな・・・。
3日目くらいに慣れてくるかも。

また、両親が日本からいろいろ持ってきてくれるので、私は空っぽのかばんを
1つ持っていく。どれぐらいなのか想像つかないが。

上海にはパソコンは持っていかないので、ネットカフェか友達のところで使えれば、
アップデートします。そんな時間もないかもしれません。
アップデートがなければ、満喫してると思っててください。31日夜に帰ってきます。
では明朝行ってきまーす。
by liuxue | 2004-12-26 00:52 | 消息xiaoxi

予定変更

今日は本当は充气棒というビニール製のバットみたいなのを持って、
街中の叩きあいに参加する予定が、
急遽予定変更で、四川大学の日本語学科の教授や他にも教授と一緒に
食事をしないか、と一人の留学生に誘われ、
もともと中国人の友達と叩きあいに行くのは取りやめになった。

だけど、ふたを開けてみると、この教授との食事会の日にちが、
実は今日ではなく、明日だということがわかり、結局今日は集まった人たちと
ご飯を一緒にすることになった。

集まったのは、中国人の女の子2人と私と日本人留学生の男の人。
中国人の女の子1人とは今日初めて会う。彼女は日本語を勉強している
人ではないので、ずっと中国語で話して、いい訓練の機会になった。

まず1件目に行ったアメリカ系のお店は、クリスマスで便乗値上げしているのか、
一人180元(約2340円)定額だといわれ、私たちは「高すぎる!!」と、
別の店を探す。

たまたま入った香港料理店が席が満席で、
「それならうちの部屋で出前をとりますか」という話になり、日本人の留学生の
お部屋にお邪魔する。

カルフール(加乐福)の近くのマンションで、私の寮とは比べ物にならない
ほど綺麗で広い。(おそらく50平方メートル以上ある)
でも1ヶ月1500元(約19500円)は安いかも。
ちなみに私の8畳くらいの1人部屋は1ヶ月1200元(約15600円)。
(奨学生なので半額免除で600元だが)
古いし、ホコリもすごいし、綺麗とはいえないが、教室に近い利便性から
寮に住んでいる。

かつ彼の部屋は日本のモデルルームばりにセンスのいい家具が配置されて
いて、中国にいることを忘れさせる。嗨hai(ため息)。うらやましすぎ。
(残念ながら写真を撮り忘れた)
彼は33歳だが、本科生で、ここに4年間いるから、快適な場所にしようと
かなり手をいれたそう。今は初級だが、4年いればかなりのものになるだろう。
30歳を超えての4年の留学は勇気あるなぁと思う。
話によると、卒業後は元の会社に戻る予定なのだそう。

部屋から1階の料理店に電話でオーダーして、お皿ごと持ってきてもらう。
便利!部屋でくつろぎながらご飯を食べるのは、また格別。
カーペットをしいてあるので、私は久々に正座してご飯を食べた。懐かしい。
たくさん頼んだけど、確か100元ぐらいだった。(cunsongさん、ご馳走様でした)
最初のアメリカ系のお店の1人分にも満たない。だけど、普段の私の食事から
すると十分豪華だった。

私たちはたわいのないおしゃべりをしていると、気づいたらもう深夜12時前。
2人の女の子は実家が成都なので、帰らねば、と一緒に帰った。
いろいろとキャンセル続きで、さすがに明日には会はあると信じたい。
しかし、まだ時間が未定である・・・。
by liuxue | 2004-12-25 03:06 | 話題huati

メリークリスマス!! 圣诞快乐,新年好

クリスマスイブ(平安夜)だ・・・早い。
なんだか中国では、クリスマスでも「メリークリスマス」以外に
「新年好!」というみたい。
(本来は”あけましておめでとう”だけど、
この時期だときっと”新年がいい年になりますように”かな?)
ここではクリスマスと元旦はセットなのかなと思う。
もちろん中国での正月は旧正月=春節(今年は2月)だけれど。

今晩も歩いていると、今日のイベントなのに「新年晚会」という看板が掛かっていた。
私の気分も今日からお休みモード。
なんていったって、明日の午前は授業がなく、午後の書道の授業だけなのだ。
先生の都合で午前の授業が来週に振り替えに。(欠席することになるのだが)
そして、日曜日には飛行機で上海へ。

明日の話をまだ中国人の友達と決めていない・・・。明朝短信を送らねば。
もし約束が流れたら、日本語を学習している学生の晚会に行く予定である。
あ、私は行くかどうか未定だが、こういうイベントは陳くんに知らせなきゃね。
(陳くん、もし見ていたら明日友達に手机の番号を聞いて連絡するね。)

皆様、楽しいクリスマスイブ、クリスマスをお過ごし下さい!
by liuxue | 2004-12-24 02:37 | 話題huati

クリスマス会 联欢会

a0026611_0392878.jpga0026611_042449.jpg







今日の午後はクリスマス会(联欢会:お楽しみ会みたいな感じ?)があった。
午前中の授業も1コマだけで、2コマ目に私は出ないが、楽譜とかの
準備をしながら、高級1-2班、ドイツ人クラス合同の劇の練習(排练pai2lian4)
を見ていた。

私たちは歌を歌うだけなので、そんなに大変ではないが、
劇となると、衣装とかセリフ、立ち位置、演技などいろいろ
脚本(剧本ju1ben3)を書いた先生である監督(导演dao3yan3)が
指導していた。

そこに、私にとばっちりが・・・いきなり冒頭の挨拶をしろと。
アメリカ人、韓国人、ドイツ人、そして日本人4人で。
でも母国語(母语mu3yu3)でいいということだったので、
まあいいかと気軽に引き受けた。
でも私が聞き逃したのか、その4人の中で進行役もしろと。(汗・・・)

冒頭に挨拶することだけは打ち合わせしていたが、プログラムも
開始直前の2時半にもらい、普通に、「次は○○による△△です。」という
進行ではいけないらしく、セリフを、実際に言う数分前に教えられて
うるおぼえで前に出て話した。
(その出し物にちなんだ紹介をしなければならないのだが、
出し物の名前だけしか乗っていないから、どういうものか想像つかないのだ)

幸い、アメリカ人の彼はアドリブが大の得意で(後の劇でも笑いを誘っていた)
ほとんどやってくれたが、私はあまり人前で話すのが苦手、なんで引き受けてる
んだろう・・・。
できればやりたくない!と思い、前半は逃げていたが、後半は彼も出演するし、
自分がやるしかない。
もうちょっとでかなり長いセリフを2、3分間で覚えさせられそうになったが、
簡単じゃないと人前に出るとスカンと忘れてしまうので、かなり簡単な内容に
してもらった。

それでもつまりながら(磕磕巴巴:ke1keba1ba1)になってしまったが。
自分の実力のなさを改めて感じる・・・。
(夜クラスメートと先生とご飯を食べに行ってまたさらに思ったのだが・・・)
大げさだけど、自分は口が聞けない人(哑巴:ya3ba)みたいって思うときがある。

私たちのクラスの演目は「平安夜ping2an1ye4(きよしこの夜)」をみんなで
歌うという簡単なものだった。
トップバッターで、SG(帅哥)の1人がギターを弾き、私たちは歌った。
各クラス、歌、ギター、劇など披露し、
最後の複数クラス合同の劇《走马观花》zou3ma2guan1huaになった。
(馬をとばして花見をする:大ざっぱに物事の表面だけを見るたとえ)
タイトルを知るのはそのとき初めてで、これが成語だということも
実はそのときに知った。
なのに「皆さんは走马观花という成語を知っていますか?
知らなければ、この劇を見てください。」というセリフを言っていた。(苦笑)

ストーリーは、
一人のやる気がなく猫背でよろよろ歩く若者の親が結婚相手が見つからないのを
心配し、アメリカ人仲人に紹介を頼み、美人だが赤い鼻だけが難点の娘を紹介
されることになった。
仲人は2人を嘘といえるほど誇張して、若者をシュワルツネガー(だったっけ?)と
娘をチャン・ツィイー似だと言う。
見合いの当日、お互いよく見せようと、
猫背の若者は馬に乗って現れ、娘は赤鼻を隠すために
赤いチューリップを顔の前に持って現れる。
お互い欠点を知らずに、気に入って、結婚することを決意。
結婚式もつつがなく進み、最後花婿が花嫁のベールをめくってみると、
お互いの姿を見て驚愕する。
だが、既に式で祈りも済み、結婚が認められた以上、取り消すことはできない。
お互い似たり寄ったり(半斤八两ban4jin2ba1liang3って言ったと思うが)
ということで、最後は抱き合ってハッピーエンド。

a0026611_0515495.jpga0026611_0445780.jpg







私は台本は見たことがなかったが、今朝流れを見て、大体のストーリーを
知っているにもかかわらず、笑ってしまった。
特に、アメリカ人のhujieとチベット人jiabu、韓国人のyan(赤鼻の娘役)が
絶妙だった。hujieは上述のアドリブが得意の人で、かつ役回り(アメリカ人仲人)
も本人曰く「自分の素でやってる」らしい。

すべての演目が終わって、解散した後、先生がまた私たちクラスメートを
夕食に連れて行ってくださった。今日は韓国料理店。
アメリカ人hujieが1月頭に成都を発つので、今日が最後になるかもしれない
し、来学期北京に行く人もいるので、
今のクラスメートがそろうのもそう簡単じゃないかもしれない。
たぶん3時間半くらい店にいたのかもしれないが、ずっとみんなで
話していた。授業と比べて、こういう会話になると、さらに差が出るなと思う。
私と一人の韓国人を除いて、みんな在住歴または留学歴が1年以上4年、
スムーズに言いたいことが出てくるのが、本当にうらやましい。
同じ時期に来た韓国人も、中国語学科で高校から勉強しているらしいから
引け目を感じる。
でもしょうがない、留学1年後には同等になるようにがんばるしかない。
もっと話さなきゃ、いろんな人と。

PS:今日teruさんと思しき人の隣りにいたのですが、teruさんでしたか?
でもなんて声を掛けていいかわからなかったので、声をかけなかったです。
by liuxue | 2004-12-24 00:58 | 話題huati

やっぱり中国でもクリスマスモード

なんだかこのところ慌しくて、風邪も治らず、だるーい、と思いながら
過ごしていて、「そうだ、按摩に行こう!」と思い、行ってきました。
1時間15元(約200円)だから、いいかなと。
やっと少し楽になった気がする。
最近寒いのに、汚れたのでダウンコートをクリーニングに出してしまい、
エアコンのない教室で自習などするとたちまち全身冷え冷え・・・。
中国人の友達と勉強するときは、だいたい空いている教室で勉強するのだけど、
エアコンがないので、外気よりちょっと温かい程度。
コート・ジャンパーは決して脱ぎません。

話はそれたけど、今日は按摩に行く前に、明日行われる留学生の
クリスマス会(?:正式名称:联欢会)に使うものを買いに行った。
すると、ちょっと前までそんなに飾りつけがあったっけ?と思うほど、
あっちこっちの商店でクリスマスツリーや飾りつけ、Merry Christmas!の
言葉を窓に書いたりして、街がちょっとクリスマスらしくなってきた。
学校の食堂や書店にまでクリスマスツリーや圣诞节快乐という貼紙が
飾ってあった。

成都では、クリスマスの祝い方がちょっと特殊で、
「充气棒chong1qi4bang1」と呼ばれる空気を入れて使うビニール製の棒で、
叩き合うらしい・・・。なぜなんだろう・・・。
既にスーパーや小さな商店でもいろんな形の棒が売られている。
例年、天府広場という広場とかで盛大に見知らぬ人と叩き合うらしいのだが、
今年は天府広場が工事中で、かつ新聞でクリスマスのイベントなどを禁止
していたのを見た記憶があるから、みんな身近なところでやるのかもしれない。
私もどこかに参加する予定なのだけど、まだ未定。
参加したらレポートします。
by liuxue | 2004-12-22 23:51 | 話題huati

友達が帰国・・・

21日朝留学生の友達が帰国する。(国籍は訳あって今は言えないのです。)
彼女はもともと短期の留学生だが、私が成都に来て初めて友達になった人。
最近あまり行動を共にしていなかったが、なんだか寂しい・・・。

昨日はインド料理(成都にもあります!)を香港人とアメリカ人の子と一緒に
食べに行き、今日はさっき小意思(気持ちばかりのもの)を渡しに行った。

何をあげたかと言うと、一青窈の曲をダウンロードしたCDと中国の年賀カード。
一青窈は台湾人とのハーフだし、中には中国語の曲もあるから、
中国人とか留学生に紹介するにはいいかなと思って
持ってきたのだった。

本当は何か成都にちなんだものか、かわいいものをあげたかったのだが、
私自身買いたいものがなかなかみつからないのだから、かさばらない
いいプレゼントはなおさら難しく、ちょっと探してはみたが、
ピンとくるものに出会わなかった。
また1月に上海に行くみたいだから、中国にこだわらなくてもいいかも
と思い、いっそ日本のものにしよう、と自分の部屋を漁ってみた。

念のため彼女のDVDプレイヤーで流してもらったら、ちゃんと流れ、
彼女もかなり気に入ってくれたようだ。
アメリカ人の友達は日本語をちょっと勉強したことがあり、日本の曲が
好きみたいで、一青窈も知っていた。ポルノグラフィティも知っていた。

彼女、荷物がすごそうで、明日大丈夫かなぁ・・・。
朝6時50分に起きて見送らねば・・・。
隔壁(お隣さん)に「起こして!」ってお願いしたから大丈夫なはず。
by liuxue | 2004-12-21 02:28 | 話題huati

相互学習、新たな方法

今日から相互学習で新たな方法を採用することになった。
お互いに作文または翻訳したのものを交換し、添削し、内容によっては
それについて話し合うことに。

授業でも作文の授業があって慣れてはいるが、テーマが決められているから
それについてすぐ書き始められる。でも漠然と何かとなると、ちょっと困った・・・。

今日は何を書こうか全く思いつかなくて、
手元にあった「女は中国語でよみがえる」という本の一節を翻訳してみた。
簡単な文章なのだけど、修飾語の掛かり方とか、形容詞でどれを使うほうが
いいか、なるべく同じ言葉を使わないようにしたいと思いつつ、どうしても困った
ところは同じ言葉を使ったり、かなりもがいた・・・
大方3時間近く掛かって750字ほど。少ない・・・。
自分の言葉で最初から中国語でつらつら書くのはもう少し早くて簡単だと思う
けど、人が書いたものを訳すって、結構大変だなぁと改めて思った。

内容は”「話す」のが苦手なら「書く」ことに力を入れる”
ということについての一節である。
まさしく私?
結構私の考えも代弁しているところもある。
今MSN Spacesの中国語ブログが、表示はおろか、入力画面が表示されなくて
中国語日記が止まってしまっているが、書くことで、文法の確認や擬態語、感嘆詞
とかも調べながら学ぶことができると実感した。
「把」を使ったりするのも、日記を書き始めてから慣れてきたような気がする。

この筆者の考えで「たくさん話せば上達するというものでもない」には賛成ではない
が(高いレベルになればそうなのかもしれないが)、質も重視したい。

あ、よく考えれば、ネタがなければ今まで書いた日本語ブログのうち、まともな文章
だけを翻訳してみれば、私の言葉だから比較的スムーズに中国語にできるかも。

かなり負担な勉強方法だけど、「継続は力なり」だ!
私の文章は要添削箇所だらけなので、
きっと私より相互学習の子の負担のほうが大きいと思う。ごめんね・・・。
by liuxue | 2004-12-20 18:24 | 語言yuyan

日本語スピーチ大会

a0026611_1875868.jpga0026611_1883797.jpga0026611_189928.jpg





昨日成都の学生18人で争われる日本語スピーチコンテストを見学した。
もちろん各大学内で予選を通過した人だけが舞台に立てるもので、
私の相互学習の友達は残念ながら学内の2回目の予選を突破することが
できなかった。(話によると審査員との先生の相性もあるようで・・・)
でも、彼も含めて各大学(6大学)の日本語学科の学生がつめかけ、
会場の観客はおそらく200人以上いたかもしれない。

今日のスピーチ大会の貼紙に「駐在大使も来ます」、と書いていたが、
成都に大使はいないので、「駐在員と書き間違えた?」と思っていたら、
日本大使館重慶出張駐在官事務所からも事務所長の田尻和宏さん
が審査員の一人としていらっしゃっていた。
重慶事務所は来年から総領事館になるそうだ。

スピーチはみんなすばらしい出来だったが、惜しかったのは、身長差によって
マイクが遠かったりして、声が聞こえにくかったりしたことぐらいだった。

スピーチの後の質疑応答は、緊張していたこともあって、ほとんどの人が
しどろもどろか、質問の内容を勘違いしてしまったりしていたが、
これもお愛嬌。配点もあまり高くないので、そんなに響かないようだった。

その後、1、2年生による劇「鶴の恩返し(上の写真真ん中が鶴!)」や
合唱「ふるさと(うさぎ恋し・・・という」と「春が来た」を披露してくれ、
その間、審査員が受賞者を決めた。

私が勝手に応援していた女の子は残念ながら受賞者の枠から漏れてしまったが
四川大学の学生は上位を占めたようだった。
1位の女の子は小、中、高校と日本語を勉強しているとのこと!すごい!
でも質疑応答と普通に会話をすると、相互学習の子とそんなにレベルが
変わらないということは、彼は2年半ぐらいの間にそのレベルに達したということだ。
すごい!彼は他の日本人からも「何できみが出ないの?」といわれていた。
原稿をチェックしていた私としても残念だ・・・。
元々、英語のスピーチ大会にもよく参加しているので、場慣れ度は一番、
質疑応答も得意な人だ。

彼のスピーチは外交関係の内容で、スピーチの内容がちょっと硬くて、
先生受けが悪かったのかもしれない。
本人のスピーチ内容を尊重したかったので、少し話しの流れを整理し、
言葉の言い回しや文法の誤りぐらいしか私は直さなかった。
本人も「自分の主張が認められなくて落選するのはしかたがない」と
事前に言っていた。確かにそうかもしれない。

来年の彼の大会の頃、私は成都にいない可能性が高いと思うが、
是非この舞台に立ってほしいと思った。
by liuxue | 2004-12-19 10:19 | 話題huati

芸術を楽しむ

今日は久しぶりに書道の授業に出た。
ここ3回は確実に出ていなかった・・・。
かなり自由な授業だから、休んでもとがめられたりしないのだけど。

学生によってはパソコンを持ってきて音楽を流しながら書いたりしている。
でもそのCDの選択がまちまちで、二胡とかの中国音楽だったり、
この前はなぜか結婚行進曲や幻想即興曲が入っていたりする・・・。

今日は「友誼長存」という言葉を書いた。
なぜこの言葉なのかしばらく出席していない私は理解できなかったが、
留学生に書かせたい言葉なのかもしれない。
さて、どちらが先生、私が書いたものでしょう?バレバレか・・・。

a0026611_22405555.jpga0026611_22434353.jpg







中国の書道と日本の書道は同じではないのです。
出来上がりは似ているけれど、書き始めの筆の置き方、はらい(撇pie3)の
書き方など全然違う。そして中国の書道は見ていると二度書きOKのようだ。

授業が終わりに近づくと、今日はベルギー人の女の子がギターを
持ってきていて、披露してくれることになっていたようで、
私たちの前で歌と合わせて演奏してくれた。
何の曲かはわからないけど、聞いていてここちいい音楽だった。
クラスメートでもあるチベット人兄弟の兄もイーグルスの曲を
ちょっと披露してくれた。みんな芸達者だなぁ。

私もちょっと触発されて何か楽器を始めたくなってきた・・・。
何かないかなぁ・・・。
by liuxue | 2004-12-17 18:37 | 愛好aihao

阿西莫

阿西莫って何?
アシモのことです、ロボットの。
今中国語で打ったら一発で変換された・・・驚き。

中国の中央電視台CCTVのニュースでも報道された。
跑得最快的机器人と。ロボットは机器人(ji1qiren2)なんだ・・・。
時速3キロで歩くらしい。
そういえば、ドラえもんも「机器猫」だったな。

日本のニュースは1日1本は入ってくる。
地震や天候のこと、PSPなど新製品のことが多い。
日本にいると中国のニュースって1日1本も入ってきたっけな?

中国人には日本の新聞は海外のニュースが少ないといわれた。
確かにアメリカに偏っていて、他の国のニュースは少ないかも。
by liuxue | 2004-12-16 22:35 | 报道baodao
Links
カテゴリ
フォロー中のブログ
以前の記事
ライフログ
検索
その他のジャンル
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧