人気ブログランキング |

liuxue ---------> riben riji


今年もつれづれなるままに・・・
by liuxue
プロフィールを見る
画像一覧
更新通知を受け取る
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30

試験と実力のギャップ、そして自分自身の反省

今日うちのクラスメートが、HSK高級の結果を貰ってきていた。
うちのクラスの今いる人の中で、4人中2人が9級合格、韓国人1人と私が落ちた。
(実はこっそり私も受けてました。私が落ちることは自分自身予想済み、
でも直後相当凹んでた)

でもその韓国人の子はクラスで一番優秀だと思われる子(1年前9級取得で、今回はてっきり10級を取ってると思ってた)で、作文でテーマに外れた文章を書いてしまったらしい。でも28点はむごすぎる・・・。(ちなみに点数は素点ではなく、独特な採点方式。)
それにめちゃくちゃ得意そうな口語も56点だったそうだ。(これも話がそれてしまったらしい)
信じられなかった。
でもHSKのテストって実力が必ずしも反映されていないことが、他の実力の持ち主の例からも感じられた。
たぶん専門の学校や補講でがちがちに教えられた人が受かってたりする気がする。それは何のテストでも一緒かもしれないが。
(もちろん自力で受かっている人もたくさんいると思うが)

私はというと、今結果の紙がどっかにいってしまった(それぐらいの扱い?)が、
リスニングと口語がC級(9級)に2-4または4-6点足りず、あと閲読、作文がC級、総合がA級だった。
たぶん総合が良かったため、総得点は9級には足りたと思うが、全部C以上を取らないとだめなのである。
口語は考えながらしゃべっていたので、スムーズでなかっただけでなく、言いたいことが湧き出てきて、時間を見ておらず、時間オーバー、最後の締めをいえなかったのが敗因。
リスニング、半分しか聞けてなかったことにショック。自分で2回模試を解いたときにはリスニングが一番成績が安定していたのに。
今回はただ試しに受けただけというのもあるが、自分のレベルが低いのに、準備が少なすぎ。(GW頃あまりの手ごたえのなさに、ほとんど放棄状態)
でも緊張していたのか、前日一睡も眠れなかった割には出来は良かったかも。

でも、今回私の欠点がもろ浮き彫りになったといえる。
口語はもともと苦手だから、もっと中国人と接する時間を長く持たないと。
リスニングもまだまだ弱い。テレビやラジオを聞き流すだけでなく、もっと一語一語を大事に聞こう。

口語について、私がお世話になっている日本の大学教授に助言を頂いたところ、
「自分の知りたいことをもっと中国人と話せばいい」と。
あ、これって、「師匠」がいつもやっていることのような気が。
「師匠」はいつも初対面の外国人や中国人に、質問したり、相手の意見を聞いている。
確かに、私は自分から質問することって少ない気がする。
そうだ、もっと自分から質問しよう。

今気になるのは、広告や製品についている「国家免検」。もし文字通り、国家が検査を免除する製品なら、多すぎて品質維持が難しいと思う。
明日仲良しの先生に聞いてみよう。
by liuxue | 2005-07-04 21:16 | 語言yuyan
Links
カテゴリ
フォロー中のブログ
以前の記事
ライフログ
検索
その他のジャンル
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧