liuxue ---------> riben riji


今年もつれづれなるままに・・・
by liuxue
プロフィールを見る
画像一覧

<   2006年 07月 ( 30 )   > この月の画像一覧

出会い、そして再会

中国語翻訳の短期コースに参加。
7人ほどのクラスで、私ととなりに座った中国人の男の子以外はたぶんずっと通っている人たち。
最初の自己紹介部分を、オンタイムに到着してしまったから聞けなかったけど、先生の発音からして北方の人。発音がクリアで、やや早口。それは久しぶりに中国語を聞いたからかな?

今日のクラスは結構目からウロコだった。
日本語⇒中国語の訳出だったのだが、中国人と日本人の発想の違い、日本語の文章でよく主語がなくなったり、変わったりすることを、文章からきちんと読み出さないと、文章には忠実だけど、中国語として変な翻訳になってしまうことを教わった。
日本の「国別危険度」は中国語に訳すと「各国経済貿易安全度」となる。
文字には現れてなくても、そう訳すべきだそう。
あと保険の「掛け率」という言葉も保険をかけるのは契約者であって、本来保険会社から見ると「引請け率」のようになるべきで、だから「承包率」となる。

今まで会計用語などは翻訳しているうちに覚えてしまっていたけど、こういう発想の仕方を学んだ方が汎用性が高い。
それに中国語は大げさに言う表現が多いので、日本語にはそういう表現がなくても、感情を表すためにそういう表現を付け加えるほうが訳出として自然であると。
「両親は本当に田舎者で」と言いたい場合、普通に「郷下人」とするのではなく、「面朝黄土背朝天」という形容する部分を付け加えると、もっと生き生きとした表現になる。
ばしばし当てられ、いろんなことを学び、あっという間に3時間が過ぎた。

お金があれば続けたいところだけど、たぶん学費は3ヶ月ほどで14万。
今回の2回だけの短期集中も19,000円なり。
今の私にはこれが限界。他の5人はこの夏季集中コースをたくさん取っているみたいで、引き続き授業に出ていた。
他の人もおそらく留学経験者か外大出身者なのだと思うけど、レベルはそんなに変わらないと思った。次回、彼らともお話したいな。
私のとなりに座っていた中国人の男の子は、長春出身の于くん。
何年か具体的に聞かなかったけど、日本滞在歴は長いらしい。
私に「なんで成都に中国語を勉強しに行ったの?」と不思議そうな顔で聞いたけど、「奨学金だったから」というと少しは理解を示したが、「中国語学ぶなら北方に行かないと」と言われた。
それはそうだ。
できれば北方出身の彼と中国語と日本語のランゲージ・エクスチェンジをしたいところ。
来週お願いしてみよう。
何気に帰国後初めて中国人と出会った。

家に帰ってくると、いきなりまる2年ご無沙汰していた中華系カナダ人Samsonから電話がかかってきた。彼はいつものように英語で話しだした(普通語Xで広東語スピーカー)が、私の思考回路はすっかり中国語または日本語。彼の日本語は以前から結構できたので、「(英語が下手になって表現が長くなるから)携帯代もったいないから、日本語でいい?」とお願いしてしまった。
すると彼の日本語は相当上手になっていて、単語によっては英語になるものの、とてもスムーズ。もともとバンクーバーで日本語を学んでいるし、5年も住んでいると違うもんだね。
彼は、お給料はおそらく相当いい(前は外資C銀行だったのが、外資D証券になりお給料が倍になったと)し、スーパーバイザーにまでなっていたが、責任が重過ぎたり、残業が多すぎて、プライベートを楽しめなくなったので、仕事をやめ、9月に一度バンクーバーに戻って生活してみるとのこと。
今は日本国内を旅行中、今週は京都。

彼とは5年前外資M証券担当だったときに知り合い、それ以来よい友達。でもずっと音信不通でごめんなさい、という感じ。でもこれを機に復活。
今度彼のバンクーバーのコミュニティカレッジ時代の日本人の友達も誘って花火を見に行こうと。
私におすすめしたい友達がいるそうだ(笑)

8月はいろいろと楽しくなりそうな予感。
英語もホントがんばらないと。
[PR]
by liuxue | 2006-07-30 21:31 | 語言yuyan

内示

今日メールで仕事先の内示を頂いた。
まったく想像つかない部署。中国語、使わなそうな予感。
でも最初の1、2年はその職場でがんばろう。
同時に、勤務地が麹町・市ヶ谷あたりにほぼ決定。
川口勤務でもよかったけど、仕事帰りに出かけることを考えたら都内勤務でよかった。

あと2日でお仕事。
今日は中国語の翻訳の短期コースに行く。
しばらく使わないなら無駄な努力かもしれないけど、帰国してから中国語にほとんど触れてないので、刺激を貰いに行きたいと。
[PR]
by liuxue | 2006-07-30 10:50 | 工作gongzuo

隅田川花火


今日は日本で2年ぶりに隅田川花火を高校からの友達と見に行ってきた。
携帯カメラで動画を取ったけど、ブログにはgif、jpeg形式しか載せられないようで、残念ながら断念。
自分で取った写真はイマイチだったので。上の写真はオフィシャルサイトからリンク。

私と友達は第一会場と第二会場の中間地点やや第一会場よりに陣取った。
第一会場のほうが大物の花火で、ちょうど木でさえぎられて完全な形では見えなかった。
でも第二会場のほうの花火はきれいに見えた。
混雑していたけど、川沿いだったのと、風があったので、そこまで暑く感じなかった。
ただ堤防の柵に上がるには浴衣ではかなりきつかったので、今回は普通の服でよかった。

今度は浴衣を着て行きたいものだ。
[PR]
by liuxue | 2006-07-30 00:59 | 話題huati

京都の激安はすごい!

今日は久しぶりに早起き。というか、友達のメールで目を覚ました。
おまけに今日は暑い!まだ東京に帰ってきてから一度もエアコンをつけてないので、我慢継続中!扇風機でまだ大丈夫。あの蒸し暑い上海に住んだおかげ?

でも早起きは三文の得とは言ったもので、ちょっとお得な気分を味わった。
テレビで京都1泊2日の旅を1000円で、というテーマの特集をやっていた。
餃子の王将は30分皿洗いをすると定食が無料に。
また、ドミトリーの宿泊施設が900円
しかも、
シャワー利用, フリードリンク(コーヒー.紅茶.お茶), インターネット接続, PC利用, キッチン利用(電磁調理機.冷蔵庫.電気ポット.トースター.簡易オーブン.電子レンジ), 自転車バイク駐輪, エアコン利用(全室冷暖房完備), シーツ利用, 雨傘レンタル
これだけ使えて、この値段?

おすし編では、げそ1巻20円というかぶき寿司(1人4巻まで)

日本でこんな安いところがあるんだ・・・と驚き。
京都までの交通費が一番高くつくけど、こりゃ青春18切符で行くしかないね。

関係ないけど、エキサイトで
100万円の旅行というのがあったので、当たらないかな・・・と試してみた。
きっと0に限りなく近い可能性だけど。
[PR]
by liuxue | 2006-07-29 10:15 | 話題huati

日本のメディア:雑誌、バラエティ、アニメ

今日は初めて池袋のみずほ銀行へ。
初めてあんな混んでいる銀行窓口を見た。
1階がATM、2階が窓口なのだけど、47人待ち!
午後3時前ぎりぎりに行ったからかもしれないけど、驚いた。
でも窓口の数が多いので、30分ちょっと待つほどだった。

その間、雑誌を見ていると、いろんな発見が。
初めてクーリエ・ジャポンという雑誌を手にした。

読んだのは7月号だったが、「インド、中国を越える日」、「世界が見たMURAKAMI」、「敦煌が第二の楼蘭となる日」など面白いトピックがたくさん。
海外の新聞・雑誌の一部を日本語に翻訳して掲載している。
ちなみに「敦煌が・・・」は馴染みのある《南方週末》の記事だった。
R社も一部インドに部署を移していたし、インドの経済成長は私も注目しているところ。
私の住む西巣鴨にも一昨日ホワイトカラーであろうインド人が3人ほど歩いていた。

村上ファンドの村上さんも、私にとっては少し印象深い人物。
前大学院で勤務していたとき、確かお会いしたか、ナンバー2の方には確実にお会いして名刺交換させていただいた記憶はある。M&Aコンサルティングの方を招いて同窓会のセミナーを開いたのだ。
それに大学院はその会社のケースも作成も発行したと思う。
そのときあまり彼らがやっていることを深く理解していなかったけど、一時メディアで頻繁に取り上げられて尊敬されるぐらいの地位まで上り詰めたが、いまやマスコミや世論からたたかれ、インサイダー取引で逮捕されるまでに至って、「栄枯盛衰」という古い言葉を思い出した。

夜帰ってきて、ご飯を食べる時にテレビを付けるとまた面白い番組が。
日テレの「太田光の私が総理大臣になったら…秘書田中」 で、地方自治体を民営化すべき、といったマニフェストを掲げ、番組出演者が議員となり、意見を述べ、最後に採決を取るというもの。
いろんなデータも出てくるので、知らなかったことが学べてよかった。
特に「浦島太郎」のような私にとっては。

最後に、遅ればせながら、「となりのトトロ」を初めて見た。テレビでやっていたのだ。
トトロと猫バスって、キャラクターとしてしか知らなかったけど、こういう役柄だったんだ・・・と初めて知る。
トトロや猫バスには心優しい、いいキャラだから会ってみたいけど、同じ猫キャラで顔が若干似ていても、two-timing crookである上海の「化け猫」には二度と会いたくない、と再度思った今晩だった。

何気に雑誌もテレビも私にとっては新鮮。
[PR]
by liuxue | 2006-07-28 21:16 | 話題huati

2日連続アークへ

今日も昨日に引き続き六本木アークヒルズに来た。
アロマオイルを使ったボディケアのセミナーに参加しに来た。
冷え性で不眠によくなるので、アロマセラピーで少し緩和できたら、と思ったのだ。
アロマオイルの紹介とともに、全身マッサージについて教えてくれ、手、胴体、足の順にリンパの流れを良くするコツを教えてくれた。

昨日は某テレビ局警察庁記者クラブ勤務の友人、今日はR社同期、弁護士事務所勤務のMちゃんと待ち合わせしてお茶する。(私の節約に付き合ってくれた)
1年ぶり?2年ぶり?定かじゃないけど、久しぶりに近況を聞く。
私がいない間に周囲は変わっているもので、R社同期・同じ時期に入社した中途社員の人で転職した人は外資金融に。
私も外資系のほうが肌にあっているのはわかりつつ、安定・長期志向で独立行政法人を選んだ。でも金融に進むと、金融にしかもういけなくなるし、中国語を使うことは皆無になるだろう。
それに金融ITになっても、自分にとっては絶対仕事は面白くないとわかりきっているので、待遇がいいのは承知だけど、やっぱり尻込み。
自分が面白いと思って、待遇のいい仕事はなかなかない。

Mちゃんといろいろ話していて、彼女はある国家資格の勉強を以前からしていて、私も同じではないけど、ある国家資格に興味があり、次の仕事が定時で上がれるなら、一緒に勉強したら効果的だよね、という話になった。
確かにこの2種類の資格ホルダーはそれぞれ高給取りになれる可能性大。
結婚しても、しなくてもずっと使える。
しかも、興味がある仕事、というのが一番のキーだ。

私としては、次の組織で何年かやってみて、仕事も待遇もイマイチなら、その知識・経験を活かせて待遇も相当良くなるところ(ある程度具体的。別に国家資格を取るまでに至らなくても知識・経験があれば勤務できる)に行くというのもありかなと、以前から少し思っていたけど、かなりアリかなと思ってきた。
まず、この1、2年は日本で仕事をするリハビリと思おう。

私自身、あまり人に高収入を期待しないけど、自分自身となると、仕事の評価として高い収入を期待する。また次の仕事に対するインセンティブにもなるし。

そんなこといいつつ、1年後には「ぬるま湯」で満足しているかもしれないけど。
[PR]
by liuxue | 2006-07-26 22:58 | 話題huati

残された暇人時間

今日残された暇人時間を楽しむべく、ハンドケア・ネイルセミナーに行ってきた。
見た感じ私より年齢が上の女性ばかり。きっと主婦が多いのだろう。
でも、みんなちゃんと化粧をしていて、完全スッピンで現れたのは私だけ。
まだまだ東京生活に馴染んでない・・・、というより、もともとスッピン率高い自分。

講師は私より何歳か若そうな女性。若いけどしっかりと分かりやすく説明してくれ、日本語がやばくなっている私は彼女の話し方に注意していた。
(ネイルよりそっちのほうが興味あったりして)
ハンドケア、ネイルケアを教えてもらいながら施し、ネイルカラーを塗って、初めてお花のシールを使った。
可愛いかったけど、早速そそっかしい私はきれいに塗ったネイルに傷を作ってしまった。
でも、いいリフレッシュ、練習になった。

明日も2時間ほどアロマセラピーのセミナーに出る。これで娯楽はしばらく最後。
自分でやり方を覚えたら、お店に行かなくても出来る、というのが狙い。

夕方、ふと今のうちにパスポートを更新しなきゃ、10月に切れる・・・ということに今日気づいた。
明日か明後日には行くべし!
この暇人タイムを利用してしなければならないことはたくさん。

うぅ・・・パスポートも申請に11,000円か16,000円かかる。でも今のうちに行かないと。
帰国後必要経費が多すぎて困る。

友達にも会いたいけど、一回外食すると3000円~5000円は堅い。
今カメラ、無印のクッション、プリンター、ベット(またはすのこベット)が欲しいから、できれば外食代は抑えたいな。

ただ餓死するほど困ってなく、ただ気持ち的にお金を使っているという危機感からくるもの。
中国では奨学金もあったので、自分の生活費及び旅費の出費は1年30万、2年60万ぐらいでおさめていたから。生活費はバイトでほぼ捻出していたから旅費が大部分を占める。

今は入社日より給料日が待ち遠しい。(切実)
[PR]
by liuxue | 2006-07-26 01:27 | 話題huati

節約ごはん

a0026611_22152427.jpg

今日の昼ご飯はピザ。昨日ピザ生地、ピザソース、ピーマン、チーズ、ベーコンを乗せてオーブンで温める。
これだけだけどとても美味しい。さすが日本の素材。
夜もみずなを使ったベーコンサラダ、スープ、納豆で十分お腹一杯。
シンプルな料理がなにより美味しい。
[PR]
by liuxue | 2006-07-24 22:15 | 自己ziji

まるい?まじめすぎ?

今晩は四川時代、冬休みを利用して行った上海で知り合った女の子と品川で再会。
(夕方疲れて眠ってしまって、危うくすっぽかすところだった・・・)
彼女は高校の英語教諭。この春から横浜勤務になって名古屋から移って来た。

彼女と夕食をとりながら話をしていると、「なんか丸くなったね」と連発された。
それは私の髪型がストレートからパーマになったのもあるけど、私の発言・行動がかなり家庭的・安定志向に傾いているから、のよう。

四川のときは本当に学生って感じで、将来のことはまだ考えてなかったから、そういう印象を与えたのかもしれない。

それと、昨日就職の必要書類を両親・兄に記入してもらうために、PDFにしてメールに送ったり、あたふたしていたことを言ったら、「自分で記入すればいいじゃん」と言われた。
確かに。全く頭の片隅にも思いつかなかった。
そういう意味では私は真面目すぎかもしれない。
でも正直言って、不正とかは苦手。もちろん映画や音楽のダウンロードなど若干引っかかることはあるけど、避けれるものは避けたい。正直・誠実に生きるのが一番と思う。

話は変わるが、最近「弟」のインターン先について勝手に心配している。
彼の大学では1ヶ月インターンをしなければならず、それが単位になるのだ。
この前入ったインターンが期間途中で終わってしまったそう。でも1ヶ月満了しなければいけない。今がんばって探しているところらしい。頑張れ!!
姉は日本から応援してます。

話によると、中には知り合いの会社の人にサインしてもらって、働かずして1ヶ月インターンをしたことにしようと言う人もいる。
でもこういう嘘をついたり、楽をしたところで、その人は一向に成長しないし、そういうずるい人間にどんどん染まっていく。
特にインターンというのはとてもいい経験になるもの。
企業でのインターンの経験はお金がもらえたらそれは嬉しいけど、報酬を度外視してもやるべきだと思う。

前にAちゃんがある有名、でもかなり小規模の広告会社で無報酬でもいいから働いてみたいという話をしていた。経験のある社会人でも憧れの企業や人物の元で働けるならそれぐらいの気持ちがあるというのに。

私が大学生(昔の)のとき、インターンというのはまだ今ほど流行っていなかったし、考えたことがほとんどなかった。周囲にもインターンという立場で仕事をしている人は少なかった記憶が。でもインターンという言葉はその当時から時々聞いたことがある気がする。
当時はアルバイトだけど、テレビ局や企業で働いている人はたくさんいた。
彼らは能力・経験や人柄が評価され、そのままテレビ局に入ったり、その他の企業でも活躍している。

そういう自分は16、17歳の時にした地元のピザ店でメイキングを皮切りに、家庭教師、飲食店・レンタルビデオショップ、各種単発・短期バイトをした。大企業では働いたことがないけど、地方自治体のセンターで簡単な多言語翻訳、投信関係の会社でアシスタント業務をしたことがある。
ピザ店でも高校中退の男の子がしっかり社員として働いているのを見て、すごいなぁと思った記憶がある。

中国にいるとアルバイトは限られるけど、インターンでいろんな仕事を経験したり、憧れの企業で働いてみて、大学で学べないことを学んでほしいと思う。
[PR]
by liuxue | 2006-07-24 02:15 | 話題huati

OL支度

前にパーマをかけてもう2ヶ月たつ。
それに旅行で髪がぼさぼさだったので、カット&パーマに。
またふわふわに戻りました。でも髪の毛が柔らかく、かかりにくいみたいで、パーマがすぐ落ちそう。

通勤着も安物(また安物買ってと親に言われそう)だけど、少し買い足しし、OL準備開始。
またパンプスを履く生活に戻るんだなぁ・・・。

配属の内示は1週間前というと週明けには分かるのかな。
前職のときは内勤だったので、かなりラフな格好をしていたけど、次の仕事はどうなんだろう。
しばらくは堅めの格好をしようと思う。

それと、必要書類で、両親に書いてもらわないといけない部分があり、郵送だと遅いので、紙をPDFにしてもらいに行く。なかなか東京のど真ん中でそういうサービスがあるところが少ない。
ふと、東京駅の丸ビルにあったことを思い出し、銀座のほうから東京駅まで歩いた。
デジタルステーションというところに行き、最初めずらしいのか、店員さんに「201円/1枚」と言われ、「えぇぇ?そんな高いんですか?」というと、見間違えたそうで、「21円」でした。焦った。たったA41枚スキャンするだけでそんな高いの?って。

あと、社内報の自己紹介文を書かなければならない。
デジタル写真、生年月日、血液型、出身、最終学歴、趣味、座右の銘、○○○を選んだ理由(30字前後)、自己PR(150字前後)
なんか恥ずかしい・・・これが社員全員に渡るのは。
[PR]
by liuxue | 2006-07-23 01:17 | 話題huati
Links
カテゴリ
フォロー中のブログ
以前の記事
ライフログ
検索
その他のジャンル
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧