liuxue ---------> riben riji


今年もつれづれなるままに・・・
by liuxue
プロフィールを見る
画像一覧

<   2006年 05月 ( 25 )   > この月の画像一覧

哎哟!

今日は今唯一受けている仕事の最終面接。
先方は6人プラス1人人事という7人だったような。
30分という与えられた時間に、いろんな質問が飛ぶ。
やっぱり英語か中国語を使いたいのか?やどういう仕事をしたいのか?という普通の質問から、うちをキャリアの1ステップと考えて他のところに将来行くつもりがあるのか?など厳しい質問が飛んだ。

また、私の日本語が若干"外国人"になっていたそうで、「先ほど話していた日本語が、少し中国人ぽく聞こえました(笑)」と言われてしまった。緊張すると、昔から日本語が微妙におかしくなるらしい。
大学1年生のときも、「キミが帰国子女というのはわかるけど・・・」と初めて電話で話したサークルOBさんに言われたことがある。(苦笑)
ま、人事の方は「向こうでは中国語が多かったんでしょうね」とまとめてくださって助かった。(上海では日本語相当多かったんだけど・・・)

そして最後の最後に、「結婚しても仕事は続けるのですか?」というまたよくあるけど、外資系ではめったに聞かれない質問。
結婚ぐらいじゃ辞めないと思うけど、出産したらどうだろう・・・なんて遠いことを思いつつ、「続けます。出産しても保育園などを利用して続けて行きたいと思います」と答えた。

心を読まれていたらどうしよう・・・。
あれこれ逃げ道を探して答えたが、ちゃんと答えられたか不安。
さすがに今日は待合室にも他の人はおらず、既にかなり絞った感じ。
あとは6月中下旬まで結果を待つのみ。

もう1つを受けるべく書類の準備を進めなければ。こっちのほうがやっぱり合っている気もする。
内部情報ではこちらは女性にとってはかなり働きやすそうとのこと。
どちらにしても、まずは受からないと話にもならないけど。

面接会場を後にし、いつものごとく駅の無印良品に寄って、四川の友達のお土産になるだろうフレーバーティなどを購入し、家に帰って、余っていたイカじゃなくて"タコ"で、焼きそばを作る。
そろそろまた上海に戻る準備。冷蔵庫の中のものを極力使い切ってしまわないと。

気分転換に紅茶とバナナのマフィンを作ってみた。(たった今)
玉子を大量消費できるから。
まだ味見はしてないけど、なかなかいい感じ。
こんなにのんびりした日は今日でしばらくお預けかも。
[PR]
by liuxue | 2006-05-31 18:31 | 話題huati

嬉しいプレゼント

今晩は大学のアメフトサークルの先輩と2年、いやそれ以上ぶりに会う。
1人はこの前もあったデザイナーさんだが、もう1人は4年ぐらい会ってないんじゃないかという先輩。もう1人の先輩(正確に言うと私が入部する前には部を辞めていた人)は仕事が終わらず、携帯電話でお話した。
不思議と1つ学年が上の先輩たちと昔からキャンプに行ったり、おうちでご飯を一緒に食べたりする関係。社会人になってもBBQしたり、時々集まっていた。

今晩の待ち合わせは20時赤坂。十分遅い時間の集合時間にも関わらず、みんな残業で、最初私1人。そして、デザイナーの先輩が少し遅れて到着。
その先輩が、「1人でかなり待たせちゃったから、これあげる」と、私がずっと読みたがっていた(でも誰か友達から借りようと思っていた)リリー・フランキーの『東京タワー』を駅の中の本屋さんで買ってきてくれた。
先輩も読んだのだが、他の人(アメリカ在住のもう一人の先輩)にあげてしまったそうで、今日わざわざ新しく買ってプレゼントしてくれたのだ。
めちゃ感動!!さすが先輩!!(学年1つ上で同じ歳なんだけど)
その先輩も是非読んだ方がいい、と一押しだったので、少し落ち着いてからじっくり読みたい。

もう1人の先輩も21時すぎに来て、近況を聞いた。
大学卒業して何年もたつのに、部員さんと一緒にいると、昔にタイムスリップしたみたい。
話す内容は違うけど、あんまり見た目も変わらない。
夏にはOB戦があるそうなので、是非見に行きたい。
もっと上の先輩、同期、後輩にも会いたい。大きな家族のよう。
[PR]
by liuxue | 2006-05-31 00:16 | 話題huati

はじめまして&おひさしぶり

今日は130sが研究機関勤務3名+求職者1名(私)という一席を設けてくれた。
場所は都内某大学のお膝元のお豆腐料理屋さんにて。

私が関心のある仕事の話を詳しく聞かせて下さったり、友達歴11年(?)にして初めて130sの歌声をヘッドフォンで聞いたり、収穫がたくさん。今は有名なうちの大学出身の歌手さんと、大学時代に一緒にデビッド・タオの曲を歌ってて、感動。こんな美声だったのね。
今日デビッド・タオ=陶喆だということを初めて知った。遅すぎ。
仕事、音楽に関してとても勉強になった一日でした。

私がどっちの道(今のところ2本)に進むにしてもお三方にはこれからもお世話になるかと思うので、宜しくお願いします!
a0026611_043258.jpg

それにしても、130s昔から雰囲気とか格好変わらないね。ただ、坊主頭→普通の髪型(わざと7:3?)になっていたのにはかなり驚いた。
[PR]
by liuxue | 2006-05-30 01:14 | 話題huati

ひさびさにアート

今日は大学のアメフトの先輩2人と、MOTこと東京都現代美術館に行く。
ちょうどExciteでも記事に。

うち1人はITから転身してデザイナーになり、モダンアートとか彫刻に関心が高い。

もう1人を待ちながら、美術館の喫茶店で、サークルのメンバーのアップデートを聞く。
2年という上海にいた間の、変化に富む人、また変わらない生活をしているメンバーの話を聞いて、みんなの現状を知って、そうなんだぁ・・・と思った。
同期にはしばらくあってないけど、会いたいな。

そうこうして、もう1人が到着したので、早速入館!
学生証を持っていたので、学生料金にて。

今カルティエ財団の作品が展示されているが、最初から驚きの連続だった。
ビーズで作られた芝生の上に、またビーズで作られた花やテーブル、その上にハンバーガーやこぼれた飲み物など、ビーズですべてをリアルに再現していた。

また、女性が布団に入って横たわっている巨大な作品があったが、その肌の質感のリアルさに私たち3人は驚かされた。手をまげているしわや、肌の微妙な色合い、近くでみれば見るほど、恐ろしく本物のようだった。

それ以外にもいろんな作品を見た。何気にたくさんの作品を見ていると、どっと疲れる。

うちのキャンパスの人はアート好きな人が多い気がする。
私も普段そんなに好きと思っていないけど、ときどきとても必要に感じる。

ここMOTはなかなか雰囲気もいいし、芸術関係の本を取り揃えた図書館もある。
これから時々訪れたい、そんなところ。

その後、デザイナーでない方の先輩の奥様が車で私たちを迎えに来てくれて、おうちでイタリアンディナーを頂く。
お二人を見ていると、結婚1年半ほどと思えないほど、恋愛中のカップルという感じでうらやましい感じ。奥さんは私の1つ下で、驚くほど美人なのに、気さく。記憶力も抜群で、あのときに誰々が来ていた、とサークルのメンバーや私たちの友達のことをよく覚えていて、驚いた。
これからも宜しくお願いします!という感じ。

来週また久々にアメフトの先輩と会うことに。楽しみ楽しみ。
[PR]
by liuxue | 2006-05-28 00:25 | 話題huati

Happy Birthday 130s! on 25th of May

ごめんなさい、130s、5月25日が残り1分にてキミの誕生日を思い出し、携帯にメールを送ったけど、見ていただけただろうか?
昨日昔のメールで日にち確認したところだったのに・・・。無念。
でもオメデトウね!月曜日お祝いしましょ!

今日は成都時代に短期滞在の上海で知り合った人と、初対面の元上海駐在員さんと3人で飲むことに。今日飲もうという話が出たのに、当日決行!

2人は会社の先輩後輩で、上海でも一緒ということもあり、とても仲がいい。
私も次の職場では同僚がいて(前の仕事は上司と2人だけだったので)、楽しい職場がいいな。

2人はもう上海から帰国して、出張ベースで中国や豪州に行っているよう。
彼らは滞在中、洋服や靴を仕立てたそうで、いまさらながら私も洋服とか仕立ててみたい・・・と思ってきた。1,2週間かかるそうだから、私の残りの時間的に微妙だけど・・・。

何気に上海という共通項と、彼らの会社は私の元クライアント、おまけに友達も結構いる会社なので、話が通じる。異色の3人だったけど、閉店時間まで話が弾む。

次の職場がどういうところであれ、いろんな業種の人と関わって、自分を豊かにしていきたいな。
[PR]
by liuxue | 2006-05-26 01:18 | 話題huati

一次面接結果

今日は昨日と同じ就職フォーラムの仕事2日目。
と同時に、この前の独立行政法人の面接の結果が出るだろうという日。

昼休みにマックで、携帯からhotmailをチェックすると、なにやら先方から連絡が来た模様。
でもそのメッセージを見るにはちゃんとしたブラウザが必要。

昼からずっともやもやしながら、結果はもう出ているからじたばたしても仕方がない、と腹をくくって仕事をがんばった。

昨日もそうだが、私の担当ブースは住宅リフォーム会社。普通の学生で最初から興味を持ってくれる人はほぼ皆無。
こっちから話しかけていかないと、ブースに入って話を聞いてもらえないので、
「○○○○(社名)です。住宅リフォームの会社で、営業職を募集しているんですが、ご興味ありますか?」とパンフレット片手に話しかける。
ほとんどキャンペーンガール。(ガールとはもう言えないけど)

おまけに男子学生狙いとのことで、女子学生には全く声をかけない。(それでもたまに女子学生が入ってくれて話を聞いてくれるが、人事の方は「採用予定はない」と。かわいそうだ・・・)
でも表向き男女雇用均等法があるので、断るわけにもいかないという。

出展企業の人が多く、学生が少ない会場の中、一時期6つある椅子が全部埋まったが、このリフォームという人気薄の企業にしては大健闘。
人気のない企業は初日1日で7人しか入らなかったそう。
しかも、早稲田、立教、日大の学生さんが聞きに来てくれて、関西ベースで関東で無名なこの会社にしてはなかなか。この企業は学歴よりガッツ重視なのだけど、いろんな人が入ると企業としてさらに成長するのではないかな。

よくわからない満足感で仕事を終え、家路に着く。

ふと、不安感が。家に帰ったら、面接結果を見なければならない。
正気で現実で直視できるのか不安だったので、家の近所でちらし寿司、チーズケーキ、梅酒を買って、へこんでも大丈夫なように準備した。
先にお腹がすいていたので、ご飯を食べて、もうどうにでもなれ!という気持ちに。

そして、そのホームページを開いてみると、「合格」の二文字が!
よかった~~!!

まだこの組織に本当に行きたいのか微妙で、もう1つ興味のある仕事が出てきた。
でもこっちの仕事のほうが、国の機関なので、当然ながらスケールが大きいはず。
おまけに大学からの友達130sとも仕事で若干絡む可能性が。おもしろそ。
次もがんばります!それまで派遣の仕事仕事!
[PR]
by liuxue | 2006-05-24 18:22 | 工作gongzuo

就職フォーラムにて

私は派遣社員として、人事担当に扮してとある就職フォーラムで今日明日と働いている。
自分も就職活動しているのに、就職活動をサポートする側に立ってるって不思議。
昔神戸外大1年で、かつ留学(トランスファー)または日本の大学を受験する身分でありながら、高校受験の子の家庭教師をしていたときみたい。

大学4年生の参加が多いと思われる合同企業説明会だが、意外と覇気のある学生が少ないのに、少し驚かされた。
今年は学生の売り手市場ということもあって、比較的苦労しないで、大企業の内定をもらうことができている、と私がついたブースの人事担当者は言っていた。
(「2007年問題」なる団塊世代であるベテランの引退による技術やノウハウ継承問題(?)により採用枠が例年より広くなっているそう)

そうはいいつつ、今日は女子学生がやや多く、やっぱり男女雇用均等というわけには言ってない感じ。実際私たちのブースも営業職で男子学生一本って感じだったし。

今日来ていた男子学生の多くも、最近就職活動を始めましたという人もいたりして、あまり焦ってない様子。
もちろん考えている学生で、既に内定も持ちつつ、他も当たっている・・・という人もいた。
中に、2人ほど留学生もいて、1人は浙江省の人で、沖縄からわざわざ就職活動しに来ていた。こういうやる気のある留学生は企業も採用してあげてほしい。
うちのブースも聞きに来てくれたが、人事担当者の日本語と、業界自体あまり理解できなかったらしい。通訳が必要なレベルなら、速攻アウトなので、リフォームという単語の説明以外は、隣で見守っていた。それにこの企業側では外国人を採用するつもりは今のところないそうだ。

人事担当者さんともお互いのキャリアについて語った。その方も今の自分には不満だそうで、この状況を打破したいけど、まだ止まっているそう。私のアドバイスになるかならないかの助言で少しやる気になったそう。派遣社員と人事担当者さんの不思議な会話。

今日も天気が悪かったが、明日は更に天気悪いらしい。
やる気のある学生に出会えるのだろうか。
求職者のみなさん(自分も含む)、がんばりましょう!
[PR]
by liuxue | 2006-05-23 23:40 | 工作gongzuo

自転車でふらっと

華やかな2日間が過ぎ、平常に戻った。
明日から2日間短期のバイトをするので、今日はちょっとのんびり。
図書館で借りてきた本を読んだり、テレビを見て午前中は過ごす。
でも何かしないともったいない、ということで、
初めて巣鴨体育館というところに自転車で行ってきた。

プール使用なら600円、ジム使用は600円、両方だと1200円。
日本では格安といえるだろう。
今日はジムだけ行ってみる。15時から30分のコンビネーショントレーニングプログラムがあったが、ちょっと遅れてしまったので、そのままジムで汗を流す。
まずは2キロウォーキング。本当はランニングするつもりが、そのマシーンが6キロまでしか上がらなかったのだ。(隣に別のマシーンがあった)
体をほぐした後、マシーンで、筋トレ。
その後、サイクリングマシーンに20分ほど乗り、腹筋。
1時間半ぐらい運動したのかな・・・ほどよく汗もかいて、今日はこの辺で終わりにした。

痩せているとは言っても、筋肉は鍛えておかないと、そのうち大変なことになりそう・・・
そんな危機感があるので、時々運動をして、体を鍛えておきたい。
何よりも、運動をしているとポジティブになれる!
それに今日新婚旅行先のYeyeから(二次会では少ししか話せなかったので)「更に若返った!肌もつやつやして、いい顔してた。」といううれしいメールをもらって、もっと「自分磨き」したいなと思った。新婚旅行先でも仕事したり、こうやって友達にメールしている。真佩服你!

近場でこういう施設があると便利。
家から歩いて5分ほどのところに夜7時まで開いている図書館もあるし、巣鴨、大塚、池袋に自転車で10分ほどで行けてしまう今の場所は、本当に快適・便利。

そして、夜は大根と豚肉の煮物と残り物のほっけと、Aちゃんから昔もらったグラスに「白桃とコエンザイムQ10のお酒」をついで、いい気分に。
これで仕事が決まれば、言うことないのに。(まだまだ結果待ちなのだ・・・)
[PR]
by liuxue | 2006-05-22 23:11 | 愛好aihao

僕の友達は妻の友達、妻の友達は僕の友達

今日は大学の仲間の男の子の結婚式。
最初この日に日本にはいないだろうと思っていたので、「式に出れない」と早々に言っていたら、とてもいいタイミングに面接で帰国したので、二次会だけ参加させてもらうことにした。

彼と奥さんはSから始まるメーカーの同僚。社内のテニスサークルで仲良くなったらしい。
友達Hはとても誠実で、周りからの信望も厚い人だし、友達もとても多い。
彼女は初対面だから詳しく知らないけど、しっかりしていて、同じく友達が多く、愛されているキャラクターっぽい。

こんな二人だから、彼らの結婚を周りの友達が知ったとき、自分たち以上に喜んでくれたそう。
いい話だ・・・。

最後にHが、「僕の友達は妻の友達、妻の友達は僕の友達」と言っていたが、実際そうなるべきだろうなと思う。
酔っ払っているのか、感きわまっているのかわからなかったが、思わずもらい泣きしそうになった。

私たちの大学の仲間がまさにそういう感じであり、今日も元々いたメンバーからさらに広がって集まっていた。

a0026611_21523339.jpg

仲間の男の子Tは、最近同棲していた彼女と別れて、新しい彼女が出来たそう。
今の彼女はバックグラウンド(同じ大学出身)が似ていたり、自分の友達とも仲良くやっていけそうな人だそうで、前の彼女はそういう人でなかったらしい。いろんな理由で、「この人とは結婚できない」と思ったそうだ。
2年も同棲していたのに、そういうことってあるんだ・・・と驚かされるとともに、友達や周囲の人との調和も大切なんだな、と改めて思う。
つくづく結婚って2人だけのものじゃないんだなって思う。

そして彼が重要視していることの一つに、彼女を尊敬していること。
彼女は相当頭がいい人だそうで、自分も成長しないとやばい!と思っている。
「英語勉強しなさい!」といわれているそうだ。

昨日・今日の新婚カップルも、お互い優れた点を持っていて、信頼・尊敬しているのが見受けられた。そうやってお互い刺激を与えられる関係はいいと思う。

私も相手からいいところを吸収できる相手を見つけたいし、相手にも自分から吸収してもらえるようなところを開発しないと。
[PR]
by liuxue | 2006-05-21 21:52 | 話題huati

幸せのおすそ分けをもらう

今日は私の男友達の中で1、2番を争ういい友達の結婚式。
私は二次会から参加。

二次会にオープンカーで現れた世界を又にかける商社マンyeyeと奥様は幸せオーラそのもの。
奥様も明るくしっかりした人で、初めてお会いしたけど、女性の私も惹かれそう。

私は新郎の友達で、私の友達、顔見知りも全員男の人。
特に2人は一緒に飲みに行ったり、カイヤックに行ったりしたことがあるので、一緒にいてもらう。

yeyeは今ウズベキスタンとの仕事をしていて、すごい大きなプロジェクトを担当している模様。
二次会にもウズベキスタン人2人と現地駐在員の方1人が来ていて、民族衣装をプレゼントされていた。彼はロシア語で「スパシーバ!(ありがとう!)」と言っていた。
メキシコ駐在でスペイン語、もともと英語と少しの中国語を話す彼は、さらにすごい男になっていた。式の直前まで出張、仕事(会長と一緒の重大な仕事)で缶詰だったのに、私にメールを何度かくれて、本当に友達思いの人だ。
久しぶりに会ったので、思わずお互い両手を取ってしまったが、ここは二次会、まずい!とぱっと離した。(ラテン系日本人なので、日本式の挨拶は物足りない)
私たちは男女というより、親友。(親友と呼ばせていただいてよいですか、yeye?)
「また若くなった?」と言われた(笑)。パーマのせい?

彼はすごい人なのに、まじめ、低姿勢、笑顔、思いやり、ユーモアがあるから、会場の人はみんな彼のことを好きだと思う。男友達からも愛されている、そういう人。

最後Can't Take My Eyes Off You Lyricsをみんなで(新郎独唱?)歌って、あのメキシコで吸収した陽気なyeyeのテンションを見ることができた。「彼は人をうまく巻き込むのがうまいな~」と彼の親友も言っていた。もちろん、私もその雰囲気に気持ちよく巻き込まれた一人だった。

本当に見ていて心から祝福したい2人。

a0026611_1102913.jpg

二次会の会場を後にし、一緒にいてくれた2人と、yeyeのイギリス留学友達(やっぱり男性)と4人で1杯飲みに行くことになった。
いい人の周りにはいい人が集まるもので、彼らも話をしていて、すごいなと思うことがたくさん。
これから日本に帰ってきたら、yeye夫妻や他の友達ともまた仲良くしてもらいたいな。
[PR]
by liuxue | 2006-05-21 00:59 | 話題huati
Links
カテゴリ
フォロー中のブログ
以前の記事
ライフログ
検索
その他のジャンル
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧