liuxue ---------> riben riji


今年もつれづれなるままに・・・
by liuxue
プロフィールを見る
画像一覧
S M T W T F S
1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31

もろもろ

今晩旅路につくために、色々準備。

昨日は、目覚まし時計は絶対買うことを考えていたが、デジカメ+ハウジングを買うかは見て決めようと思っていた。
すると、遅い時間にタイムセールが始まって、片落ちの製品が16800円(新型は3万円ぐらい)
で買え、ハウジングも新型と同じということで、もともと3m防水もついてるし、万一ダイビングで多少の水が入ってきたとしても安全。壊れてもこの値段なら、と。
グレートバリアリーフに行って水中写真を撮らないのは惜しすぎるから。

対応してくれた店員 李さんは、名前のとおり中国人。吉林省出身ということで、かなり日本語は上手。
大学のインテンでかわいくて人気だった先生と似てて、気持ちよくお買い物。
その後、日本人の若者がタバコのポイ捨てしているのを見て、
中国人は「随地吐痰(痰をどこでも吐く)」といわれるけど、礼儀正しく、サービス態度が良い人も多くいる。日本人のマナーもどうかな、と思ってしまった。

その前に、池袋に到着した後、点字ブロックを棒で確認しながら歩く女性がいた。
池袋の駅前って、異常な混み具合。
点字ブロック自体が道の脇のほうに敷かれていて、多くの人が待ち合わせや立ち話をしていた。
ふと、見ていて、普通に流れる人にもぶつかるし、点字ブロックの上には人がたくさんいて、
棒が当っては申し訳なさそうだったので、彼女がどう思うかわからなかったけど、
どの路線に乗りたいか、どこに行きたいか聞いて、そこまで腕を取って連れて行くことにした。

実は今までほとんど目が見えない方と話したことがなかったので、
何を話していいやらわからなかったけど、「池袋は詳しいですか?」とかたわいのない会話をした。
有楽町線を利用したいようだったが、何度か通っているので西武百貨店に近い入り口でいい、
とのことだったので、
そこまで連れて行き、一度お別れして、ちょっと見ていたが、
人ごみの多さと、点字を辿らずに連れて行ったので、現在地がうまく把握できてなかったら、
と不安になり、有楽町線の改札まで連れて行った。
一瞬しか一緒にいなかったけど、上品な感じの人だった。

それにしても、目が見えないって本当に想像しがたいなぁ、と。
外出するだけでも、すごい冒険な気がする。
そう思うと、目が見えるってありがたいなぁ、と思ったし、
時間がある時は、本人のプライドや自立性を損なわない程度に、
何かサポートしてあげれたらな、と思う。

最近耳が聞こえない日本人の子供と、外国人の子供、その父親同士が
手話で楽しそうに会話しているのを見た。
かえって、国境や心のボーダーがなく、美しい心でいられるのかなと思ったりした。
[PR]
by liuxue | 2008-05-04 11:29 | 話題huati
Links
カテゴリ
フォロー中のブログ
以前の記事
ライフログ
検索
その他のジャンル
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧