liuxue ---------> riben riji


今年もつれづれなるままに・・・
by liuxue
プロフィールを見る
画像一覧
S M T W T F S
1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31

一人旅のススメ

今回一人旅を繰り返したことで、思ったこと。
当然のことかもしれないが、年齢が上でも下でも、一人旅の楽しみを知っている人はコミュニケーション力(外国語運用能力の有無より、対人能力)が高く、新しい環境に飛び込み、順応できる人が多いこと。

今回の旅では、世界一周もしくはユーラシア大陸横断という感じの人が多かったが、英語(人によっては少しだけの英語)のみで1人で回っている。中国なら英語はあまり役に立たないにもかかわらず、それでもそんなに苦労していないよう。(苦労していても、それを苦労と思っていない様子)

雲南の旅では中国人と一緒にいることが多かったけど、今回の新疆の旅は中国人+日本人を含む多国籍のバックパッカーと仲良くなった。

印象的な人をあげると、
中国人だと、内モンゴル人で主婦なのに2週間ほど1人旅をしている人。
あと、ウルムチ→トルファンのバスの席で隣り合ったウイグル族の男の子で、深夜(新疆時間では深夜に入らない時間)にも関わらずホテル探しに付き合ってくれた人。

日本人だと、韓国人の彼とアジアを回っている日本人女性。インドに以前も滞在していて、しばらくしたらまた滞在する予定だそう。この韓国人の彼は英語メインなのに、値切りの根性が半端ない。
おかげで一緒に行動していると安くなって助かっていたが、いくつかの観光地ではチケットが高いという理由で入らなかった。昔有名だった「なすび」という人に似ている。

友達と2人以上で行動していると、新しい人と知り合う機会が激減する。
それに人任せになって、ちゃんと「旅行した」という気分になれないこともある。
1人だと、タクシーのドライバー、隣の席の人、同じユースホステルの人など自分から話すきっかけを探したり、向こうから話しかけてくる。
また、行き先、どういう行くかも自分で決めなければならない。

ヨーロッパ、アメリカ一人旅はぜんぜん平気だったけど、中国一人旅はやる前は「どうなるのかなぁ」という心配が若干あったけど、そんな心配はどこ吹く風(こんな言い方あったっけ?)、行ってみたら、ぜんぜん平気。
おまけに自分はかなり体力があることを知ることができた。(何気にうれしい)
昨日も睡眠時間2時間ほどで、上海戻り、引越し荷造りと、夜1時まで動き回る。

これからの人生もこういう旅は許される限りやりたいなと思う、自分を豊かにするためにも。
一人旅をしたことがない方、是非おすすめです。
[PR]
by liuxue | 2006-07-09 09:47 | 話題huati
Links
カテゴリ
フォロー中のブログ
以前の記事
ライフログ
検索
その他のジャンル
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧