liuxue ---------> riben riji


今年もつれづれなるままに・・・
by liuxue
プロフィールを見る
画像一覧
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31

法律を通して中国の文化を知る②

今中国では、苏丹红1号という発がん性物質の含まれる着色料(訂正)が
いろんな商品の中に含まれていたことが
ニュースになっている。
含まれていたことが発覚して、多くの商品は販売中止になったりしているが、
販売中止になるまで食べ続けてきたということは、将来「がん」に掛かる可能性
がないとはいいきれない。

先日CCTV2でこういうニュースがあった。(今日先生も偶然これについて触れた)
ケンタッキーが大好きな奥さんがいて、妊娠してからは
より一層ケンタッキーのチキン類を食べたがり、頻繁に通っていた。
でもケンタッキーのある商品にもこの苏丹红という物質が含まれていたことが
発覚、この奥さんの旦那さんが、自分の奥さんと将来生まれてくる子供に
影響があるのではないか、と心配して、ケンタッキーに問い合わせする。
が、まともに取り合ってくれない。
(日本のケンタッキーと中国のケンタッキーは違う管理体制だと思います)

ケンタッキーの責任者は社会的責任を負うつもりだと語る。
だが、誰に対して、どうやって責任を取るのか。

中国のファーストフード店は基本的にレシートを出さない。
出したとしても、何を頼んだかまではわからないことが多い。
よって、誰が何を食べたかを証明するものは残っていない。
がんになるかどうかは長期的な観測が必要だし、ケンタッキーの商品が
原因でがんになったかを証明することはできないだろう。

おまけに、今日の授業によると、中国には集団訴訟という制度がないそうで、
ケンタッキーのその商品を食べていた人たちが集団となって訴訟を起こすこと
はできないらしい。

その旦那さんはケンタッキーの態度にも怒りを覚え、訴訟を起こす方向だそうだ。

先生は「ケンタッキーが法的責任を問われることになっても、大きな問題には
なりえないだろう」と。

まだホットな話題なので、引き続きメディアの報道から目がはなせない。



“苏丹红一号”型色素是一种人造化学制剂,全球多数国家都禁止将其用于食品生产。这种色素常用于工业方面,比如溶解剂、机油、蜡和鞋油等产品的染色。科学家通过实验发现,“苏丹红一号”会导致鼠类患癌,它在人类肝细胞研究中也显现出可能致癌的特性。
[PR]
by liuxue | 2005-03-26 15:44 | 専業zhuanye
Links
カテゴリ
フォロー中のブログ
以前の記事
ライフログ
検索
その他のジャンル
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧